2010年01月20日

この時期まで・・・

アンヴァルト【1月19日更新】

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1〜2回は15−15を行っています。「先週末から15−15を取り入れていますが、引き続きいい状態をキープできています。
じっくり取り組んできたことで馬体はだいぶパンとしてきましたし、この時期としては毛ヅヤもピカピカで体調の良さをうかがわせます。
15−15を継続して乗り込み、入厩に備えていきたいと思います」(GW担当者)

この時期まで入厩が伸びてるのもありますが
サウス時代とかだと一、二度は調教師からのコメントが入るものでした。
キャロの特性なのか厩舎なのか知りませんが
アンヴァルトはGWにいるのにも関わらず
平田調教師見に来た形跡がないです。
ちゃんと把握してくれてるのか不安になります。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

ようやく

アンヴァルト 【1月12日更新】

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続きじっくり乗り込んでいますが、特に問題なく順調そのものです。気になっていた体の硬さがなくなって歩様もスムーズになってきましたし、調教の動きも徐々に良化しています。
蹄の状態も安定していますから、そろそろ15−15を取り入れて調教を進めていこうと思います」(GW担当者)

本当はここまでしてからGWにでるものかと。
でもおかげでGWでしっかり基礎をつくってもらえたので
結果的にはコチラのほうが良かったような気もします。
がんばってデビューしてくれ!
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

やっと17

アンヴァルト【1月5日更新】

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「じっくり軽めを乗ってきたことで体の硬さはだいぶほぐれてきましたし、
それにともなって調教の動きも良化してきました。
蹄の状態も安定していますし、このぐらいのペースをもう少し続けていけば、
徐々にペースを上げていけるでしょう。
ここまで順調に来ましたので、焦ることなく乗り進めていきます」(GW担当者)
 
GWで結構時間かけてもらってます。
牧場よりもこっちのほうが調教に関してはキメが細かい印象があるので
じっくりやってデビュー勝ちできるくらいしっかり仕上げてくださいな!
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

おつかれ組

アンヴァルト【12月22日更新】

周回コースと坂路で軽めの調整を行っています。
「軽めの調教で、馬の様子を見ながらじっくりと乗っています。
まだ輸送や環境の変化による疲れが残っている印象はあります。
乗っていても外見上でもまだ状態は本物ではないですね。
しっかりしてくればいい走りができるようになるでしょうから、
今は焦らないで体調を見ながらじっくり乗り込んでいきたいと思います」(GW担当者)

一言でいうとひ弱だなぁ。
キャロの持ち込み繁殖牝馬は翌年にディープつけられてたりするくらい
「翌年の繁殖のために」つれてこられたのが明確なんですが
たまたまそれがヴィンディっこだったために出資しましたが
ここまでひ弱だとはなぁ。

東サラのディープっ子に負けるなヨォ・・・
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

いろいろ泣き所が

アンヴァルト12月15日更新

周回コースと坂路で軽めの調整を行っています。「まだ乗り出して時間が経っていませんし、
まずはトレセンに入ってからの調教に耐えられる体力作りとして、長めの距離をじっくり乗っています。
蹄に弱いところがあるので、きれいな形に伸びるまでは蹄鉄を履かず調教していますが、
特に問題はありません。乗っている分、最初に比べれば肩の出などの硬さはほぐれてきていますし、
体調もいいですね」(GW担当者)

先週スクミがでてペースダウン。
GW移動直後からスクミ・右前の蹄を気にしての肩の出の悪さなど
泣き所が満載もGWで課題を克服して前進してほしいですね。
まだ体力づくりかよって感じですが
結構時間かかるかもしれませんねぇ。
年明けには入厩があるのかと思ってましたがこの調子だと
早くても2月かも。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

こいつも頓挫

アンヴァルト

入厩目前でまたペースダウン。
まだ焦る時期ではないので
サウスでさんざん鍛えられたからw
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

順調になってきました

アンヴァルト8月14日更新

現在は屋内坂路でハロン15〜17秒のキャンター2本(週1日はハロン14秒)のメニューと、
週2日は周回ダートコースでハロン20秒程度のキャンター2000mの後、
屋内坂路でハロン15〜17秒のキャンター1本のメニューとを日替わりで行っています。
早ければ9月中に栗東トレセンへ入厩させることも検討しています。
調教中は常に抜群の手ごたえで、確実に良化している様が感じられます。
まだ馬体に余裕があるので、常歩の時間を他馬より長くとるようにして、シェイプアップを図っています。

馬体重493kgってでかくなったなぁ!!
王道の10月デビュー目指してがんばれ!
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

唐突にw

アンヴァルト

今後の進み具合にもよりますが、陣営は9月中に栗東トレセンへ入厩させたい意向をもっています。

だそうです。
平田先生チャンと見に来てますか?
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

順調だけどペースアップなし

アンヴァルト 7月15日更新

骨瘤の影響もなくなり、屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1400mと屋内坂路でハロン16〜17秒のキャンター1本、
屋内坂路のみでハロン16〜17秒のキャンター2本、周回ダートコースでハロン20秒程度のキャンター2000mを日替わりで行っています。
痛いところがなくなったことで走りに無駄な力みが取れ、体全体を使った大きなストライドで走れるようになってきました。
だいぶよさが出てきたので、今後もじっくり進めることで更なる良化を引き出していきます。

何事もなく順調に来ていますがなかなかペースアップにつながらないですね。
487でもだぶついた感じはしないので
競馬で460〜70kgくらいで競馬に向かえそうですね。
全力で疾走する姿が見てみたい漆黒の馬体です。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

アーティストチョイス

アーティストチョイス07【1月15日更新】

屋内坂路でハロン16秒まで進めていましたが、幾分右前脚の捌きに翳りがあったため、一時期ウォーキングマシンまでペースを落としました。すぐに良化の兆しが見られたように乗り運動を継続してきた疲れが出たようです。現在は屋内周回コースで軽めのキャンター600mを行っており、今後も様子を見て順次ペースを上げていく予定です。

いったん疲れが出たようなんであせらずに行っててほしいですね。
まだ焦る時期じゃないですし。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

順調、順調

アーティストチョイス07 【12月24日更新】

休みなく乗り込むことで馬体は一段と競走馬らしくなってきています。
乗り運動を開始してからは予定通りのペースアップを図れており、現在は屋内周回コースでダク800m、軽めのキャンター1400mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行い、週2日は登坂ペースをハロン16秒まで高めています。調教中に周囲を気にする面が多少残りますが、そういった面も徐々に解消されており、ここ最近は以前にも増して、自らハミを取って、走りに集中できるようになってきました。脚取りの確かさは同期の他馬と比べてもいいものがあり、脚元を始めとする健康状態もすこぶる良好なので、今後もどんどん乗り進めることができそうです。

このこは順調でいいですね。
ところで馬名応募したいのにこの馬に関してはどんな名前にしたものか思案中。
芸術関係でピックアップするもどれもピンと来ないというか。
かといって何もせずにへんな名前にされて不満持ちたくもないし
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

期待はMAX

アーティストチョイス07【9月30日更新】

厩舎内での初期馴致を無事終えて、現在はロンギ場でダクを行った後、1日30分程度、場内での常歩運動を行っています。やや小柄ですがトモの筋肉はとてもしっかりとしており、動きのしなやかな馬です。普段は素直ですが気に入らないことがあると反抗するように気の強い一面も持っています。乗り味は柔らかく芝・ダート両方をこなしてくれるのではと思っています。脚元は丈夫で不安なところがありませんので、順次周回コースや坂路コースなど調教を進め、早期デビューを目指していくことになります。

さて、まだ出資金を払い始めてさえいませんが、確定したからにはアップしなければw
今年のキャロの大本命馬(私のですよ)
アーティストチョイス07
父     Vindication
母父 Giant‘s causeway
馬体はバランスがよく印象は良好。
詳しく馬見ができるわけではないので能書きは垂れられませんが
ファーストインプレッションから決めてました。
脚元に不安がなさそうなのもキャロでは大きな武器でしょう。
来年のデビューが楽しみです。
2歳Sのひとつはとりたいですね。(いまだけ言わせてください
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンヴァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。