2010年05月22日

中1週

ゴールデンルーヴェ【5月20日更新】

 栗東トレセン在厩。レース後も反動はなく、まずは引き運動120分で疲労取り。週末より、跨っていく予定となっています。
「長期の休養明けとしては、十分なレース内容。やはり1000万クラスでは、明らかに力量上位でした。競馬の後も脚元に変化はありませんので、次走は5月29日(土)京都11R 蹴上特別(1000万下・ダ1900m)へ。このクラスで足踏みが続き、結果としてレース数を使ってしまう流れは本意ではありませんからね。次回は何とか決めたいところです」(日高助手)

反動なくてなによりです。
が中1週ですか。想定してなかったわけではないですが。
29日はルーヴェとアンヴァルト両方です。
両目とも開眼してくれることを期待。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

更新記事

ゴールデンルーヴェ【5月15日更新】

 横一線のスタートから、前半は好位4〜5番手。勝負所より勝ち馬に封じ込まれるように先を越されたものの、自身も最後までしっかりと脚を伸ばし、結果2着での入線となっています。
「休み明けとしては、よく走ってくれたと思います。勝った馬は脚色が違っていましたが、こちらも力強い脚捌きをする馬ですし、いい闘争心を持っていますね。一度実戦を使ったこの次は、さらに期待できるのではないでしょうか」(ウィリアムズ騎手)
「流れが速く、加えて11番に抑え込まれる形。直線ではうまく外に持ちだして抜け出てくれましたが、瞬時にスッと動けるタイプの馬ではない分、その辺も影響したのでしょうか。久々でもこういう競馬をしてくれるのですから、やはり能力は上。次はやれると思いますよ。グローバルでしっかりと乗ってきたことですし、特に太目感はありませんでした」(森調教師)
◆能力上位とはいえ、1年以上のブランクを感じさせない走りは立派。辛抱強く治療にあたってくれた牧場スタッフ、抜かりのないケアに励む厩舎スタッフ、そして久々でもこれだけやってくれるルーヴェには、本当に頭が下がる思いです。師によれば、「当然しっかりとケアはしていきますが、ここまでの感触からして、今後も脚元は大丈夫ではないか」とのこと。すぐに放牧には出さずに、このまま続戦の方向で週明けの無事を確認していく予定となっています。(HTC)

森師楽観的だなぁ。
でも大丈夫と信じてます。
次どこに使うんだろうか。
番組が不安だ。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

2着にがんばりました

ゴールデンルーヴェは中ノ岳特別に出走して2着でした。2
勝ち馬ランフォルセ丸山くんには3馬身離されてしまいましたが
こちらは1年以上の長期休養明け。
しかも栗東戻って坂路3本しかおってない状態で。

最後さされないかドキドキしましたがそこは地力で2着確保。
正直パドックでは馬体重(+6)以上に緩く見えていたので
直線失速もあるかなと心に予防線張っていたのですが杞憂でした。

直線の入り口で真ん中にいたため内にもイケズ外から
ランフォルセがトップスピードに乗って抜け出たあとに
外に持ち出した分のロスも大きかったと思います。
あの時同時に追い出し始められればもっと差はなかったと思います。

ただ今日は丸山祭りの日。
かないませんなぁ。
いつもは馬単・三連単の頭でしかかわない私も
思わず馬連8−14を抑えました。
2番人気3番人気の組み合わせで23.8 倍と予想以上についてくれました。
プラスになったので以降のレースは購入せず帰路に。
京王杯?なにそれおいしいの??

しかし今日の丸山くん
5レースまで1,1,1,10,3
8R5着(3人)、9R2着(5人)11R1着(2人)
すばらしい成績でした。
ローカルでは人気馬を任せられる騎手になってますね!


今後含めて公式更新後にまた〜
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

やばい

今日の新潟は丸山くんが神がかってます。
まさに丸山「元気」です。

人気馬とは言え
1,2,3R連勝して5Rで3着。
1着(1人)、1着(3人)、1着(4人)、10着(4人)、3着(2人)
安定して人気馬に乗って結果だしてますね。
メインレースはランフォルセ。
ゴールデンルーヴェには嫌な相手ですねぇ。
2着でいいでしょ?丸山くんw
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

整いました!

中ノ岳特別とかけまして
鍵をかけ忘れた豪邸と解く

  その心は?
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

好時計

ということでまだ公式に更新はないですが
帰厩して間もないですが昨日の追切が
ウィリアムズ 脚色一杯
栗東坂路重で
50.4−37.5−25.1−12.9
の好時計。
騎手が鞍上とはいえ素晴らしい時計。
昨日の一番時計というウワサも(一覧がないのでわかりませんが)

楽しみです。

P.S
広尾SNSにて代表コメント
「ルーヴェ仕上がった、広尾−森−ウィリは本当のチームだから勝たないと。」
ってことでやっぱ新潟みたいです・・・
日曜日府中行くのに・・・
土曜は仕事でどうにもなりません。
馬券も買えるかわかりませんが
頭から勝負しても良さそうですね。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

新潟が本線なのかなぁ

新潟では想定でウイリアムズ(プラチナメーンもですが・・・)
是政は想定なし。

新潟だと現地は無理っす・・・
ところで
栗東sのオフィサーブックの想定で高田潤・・・
障害調教してたからかなぁ・・・
どうなんだろうね。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

帰厩しました!!

ゴールデンルーヴェ【5月3日更新】

 4月30日(金)に無事、栗東トレセンへ帰厩。翌日より、坂路入りを開始しています。
【4月30日】
 昨日、グローバルを出発。新潟競馬場を経由して、今晩中に栗東トレセンへ帰厩する予定となっています。
【4月27日】
 グローバル在厩。今朝は徳江助手が来場し、坂路にて4F14.4−12.6−12.3−12.7(52秒)をマークしています。
「徳江助手によれば、『体調は良さそうですし、動きもだいぶ戻ってきている』とのこと。これが牧場での最終追い切りとなり、29日にこちらを出発。新潟競馬場経由で栗東トレセンに帰厩することが決まりました。結構な屈腱炎を患ったにもかかわらず、ペースを上げてからというもの、一度も後戻りせずにここまでこられたのは立派。何とかこのまま無事に出走まで漕ぎつけて欲しいですよね」(後藤場長)

このあたりサウスは移動当日にメール来たのになぁ・・・
厩舎の助手が乗って確かめたとのことで
状態は問題なさそうですね。
復帰戦が楽しみです。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

逆にこちらは

ゴールデンルーヴェ【4月20日更新】

 グローバル在厩。先週同様、ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、坂路にてハロン18秒ペースのキャンター1本を消化。週2回、3〜4F15−15を上回る時計で乗り込まれています。
「17日に3F13.5−13.0−12.8を一杯に行き、今朝は3F14−14程度。速めの調教を重ねても脚元に変化はないですし、ここにきて着々と動けるようになってきていますね。調教師によれば、『来週末には帰厩させる方向で。東京開催での復帰をめざしましょう』とのこと。こちらであと2本ほど速めを乗った上で、送り出すことになると思います」(後藤場長)

逆にこちらはきちんとビジョンを持ってやれてます。
復帰が楽しみです。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

府中で会おう

ゴールデンルーヴェ【4月13日更新】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、坂路にてハロン18秒ペースのキャンター1本を消化。週2回、3〜4F15−15を上回る時計で乗り込まれています。
「10日に4F13.3−13.6−13.2−13.3、今朝は3F15−15程度を消化。さらに中身の濃い調教へと移行していますが、坂路の最後まで余裕のある走りをみせてくれるあたり、さすがは能力上位ですね。毎週のように来場する調教師も『東京開催での復帰にむけて、この調子で進めてほしい』とのことでした」(後藤場長)

よしよしこの馬については府中を使ってくれるようです。
応援にいきましょうか!!
来月府中で会いましょう!!
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

15-15到達

ゴールデンルーヴェ【3月23日更新】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、坂路にてハロン18秒ペースのキャンター1本を消化。先週末より、週1回の15−15を開始しています。
「20日に4F14.6−16.0−15.2−14.4を計時。久々にしては途中でバテることもなく、最後まで登りきってくれましたよ。週明けも脚元に反動はありませんので、このまま週1回ペースで速めを乗り込み、(調教師からの)さらなるペースアップの指示を待ちたいと思います。復帰にむけての大きな第一歩。
まずは順調なすべり出しと言えるでしょう」(後藤場長)

ついに15-15までたどり着きました。
がんばって復帰してくれ。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

もうすぐ15−15

ゴールデンルーヴェ【3月16日更新】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、坂路にてハロン18秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。
「しっかりと休み、段階をふんで乗り進めていることもあって、脚元のほうは何ら気になりませんね。
今朝、調教を確認した調教師も、『これなら本格的にペースを上げていっても良いだろう』とのこと。
少なくとも月内のうちには、15−15に移行できるものと思われます」(後藤場長)

こちらも15−15が見えてきてやっと3頭のめどがたってきました。
楽しみです。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

唯一の光

ゴールデンルーヴェ【3月9日更新】

 グローバル在厩。引き続き、ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、週5回、坂路にてハロン20秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「その後も脚元に異常は見られませんし、調教の継続により、心身ともにキリッとしてきたのも確かですよ。
馬房内での動きが活発になり、人間に噛みついてくることもしばしば。
大事を取ってペースアップは来週からにしますが、変わらず経過は良好と言えるでしょう。
調教師からは、『うまく進むようであれば、5月の戦線復帰をイメージして行こうか』との連絡が入りました」(後藤場長)

4月24日には間に合わないのかな?
東京の2100m戦たのしみにしてたのにw
でも5月にはあえそうで楽しみにしてます。
1000万はすぐに卒業してもらいましょう。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

競馬の夏って?w

ゴールデンルーヴェ【3月2日更新】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、週5回、坂路にてハロン20秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「少しずつですが負荷を高めているだけあって、だいぶ気持ちが入ってきており、坂路の途中からは乗り役が手綱を抑えるのに苦しむほど。脚元のことを考えると、どうしても段階を経ながら進めていく必要があるため、目下は我慢の調整が続きますが、調教師によれば、『夏前には復帰させたいと思っており、今の感触であれば、無理なスケジュールにはならない』とのこと。来週末からは、ハロン18秒台までピッチを上げてみる予定になっています」(後藤場長)

順調にきてますね。
先生の言う夏前っていつのことなんだよw
5月の東京では会いたいものですなぁ。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

こちらは順調

ゴールデンルーヴェ【2月23日更新】

 グローバル在厩。先週同様、ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、週3回、
坂路にてハロン20秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「稽古はまだ軽めとはいえ、やればやるだけ気が入ってくる感じ。馬体も締まってきていますし、
ピリッとした気持ちがはっきりと伝わってくるタイプです。
脚元がだいぶ枯れてきたのはいい傾向。約2週間の調教継続をもとに脚元の状態を見極め、
次の予定を立てていくというのが師のスタンスですが、このまま順調に進むようであれば、
ほどなく次のステップに移行できそうな感触は得ていますよ」(後藤場長)

なにげに屈腱炎だったこの馬が一番順調ですね。
楽しみです。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

良さそうです。

ゴールデンルーヴェ【2月16日更新】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、週3回、坂路にてハロン20秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「登坂回数が増すにつれて、馬がピリッとしてきた様子。スタートをガツンと出て、道中で一旦緩み、後半でまた気合いが入ることが多いですね。きのう来場した調教師も、『だいぶ締まってきた』と言っていたように、心身ともにいい流れで調整が進んでいる状況です」(後藤場長)

スタートからしっかり走れるのはいいですね。
道中で遊びがあるのも良いことかもしれません。
ロックよりも揺り戻しもなさそうですし
期待してます。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

復帰が楽しみです

ゴールデンルーヴェ【2月9日更新】

 グローバル在厩。週3回、坂路にてハロン21〜22秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「登坂により適度に刺激を与えているのが好転につながっているようで、脚元に関しては、
『動かし始めた方がスカッとしている』と調教師(2/6来場)。ここまでの感触は良好ですよ。
一度は緩みきってしまった馬体にも、調教を進めるにつれて着々と締まりが出てきています。
毛足の長さもあまり気にならなくなってきました」(後藤場長)

こちらも順調です。
屈腱炎で充実の4歳を棒に振ってしまいましたが
1000万からまたがんばってもらいましょう!
4月ころ復帰もあるかな。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

あとは取り戻すだけ

ゴールデンルーヴェ【1月19日更新】

 グローバル在厩。先週同様、ウォーキングマシン40〜50分、角馬場にて20分程度のダク運動を消化しています。
「角馬場で慣らしていますが、どうやら脚元は大丈夫そう。この感じであれば、今週末から坂路入りを開始しても問題ないでしょう。まずは角馬場と坂路に1日おきに入り、引き続き感触を確かめてから完全移行へ。緩んだ体のライン、くすんで見える毛なみを少しずつ戻していきたいと思います」(後藤場長)

やっとここまできました。
脚元に太鼓判が押されたので坂路からどうよくなっていくか。
こちらも5月の府中に間に合いそうですね。
府中の開幕の土曜日に1000万の2100m戦あるんですけど
どうですか?w気が早いw
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

順調に願います

ゴールデンルーヴェ【1月12日更新】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40〜50分、角馬場にて20分程度のダク運動を消化しています。
「もう数週間は角馬場で下地づくりに専念。跨り始めた後も脚元に変化はないですし、ここまで慎重にきた甲斐があったのでしょう。むしろ動かし出してからのほうが、よりスッキリしてきたようにも感じられるほどです。この調子で後戻りすることなく進めていきたいですね」(後藤場長)

とりあえず脚元が後退なく良かったです。
しっかり下地つくって厩舎での扱いに耐えられるように
お願いします。
ルーヴェとロックが最後の砦です。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

復活と飛躍を!

ゴールデンルーヴェ【1月5日更新】

 グローバル在厩。本日より、ウォーキングマシン40〜50分、角馬場にて20分程度のダク運動を開始しています。
「月内はこれぐらいのメニューで感触を確かめ、それから順を追ってピッチを上げていくイメージ。
まだ乗り出したばかりで馬が緩いため、抑えも利きますが、
元々はすごくパワーがありそうな馬ですからね。
基本はのんびりしている性格でも、突如暴れたりするタイプ。もちろん気を抜くことなどできません」(後藤場長)

動き出してくれました。
降級してるので2つは勝ってほしいなぁ。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールデンルーヴェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。