2008年04月24日

順調な回復ぶり

クールドリオン【4月23日更新】

 下総トレーニング在厩。きのうは、終い3F 47.3−15.2を計時しています。
「見た目には腹目が切れ上がっているようでも、背中に肉がついて体の張りは良好。
までの中でも一番落ち着いているほうだと思いますし、
これには馬体確認に来た調教師も驚いた様子でしたよ。
今後は週毎にピッチを上げていく予定となっており、帰厩もそう遠くはなさそうです」(大沢担当)

この仔は順調ですよね。
腹の巻き上がった体形はともかく順調に回復してくれているようで一安心。
落ち着いてくれれば16〜2000で安定した競馬できそう。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

数使ったので。

クールドリオン【4月9日更新】

 北総乗馬クラブ在厩。現在はフラットワークとロンジングを中心に、週1〜2回の軽いキャンター5000mを消化しています。
「フラットワークではハミ受けの改善を、ロンジングでは背中に負担をかけない運動を意識。
まだ全身の力みが取れておらず、騎乗するとテンションが高くなる傾向にありますので、
目下は焦らずゆっくりと疲れを癒してあげたほうがよいでしょう。
それと同時に馬体の回復にも努めていきたいと思います」(林担当)

前走馬体重が減ってしまいましたからね。
連戦の疲れもあるでしょうしゆっくりしてください。
夏シリーズ(6月後半くらい~)で復帰してくれればいいと思ってます。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

順調なのはよいことだ

クールドリオン【3月13日更新】

 美浦トレセン在厩。今週の稽古でもキビキビとした動き。来週3月23日(日
)中山7R 3歳500万下(芝1600m)にむけて順調です。
「2歳の時と比べると、馬がだいぶしっかりしてきましたね。
競走馬は、どれだけ変わり身や成長をみせてくれるかも重要なポイント。
そういった意味では、褒めてあげてもいいと思いますよ」(三浦助手)
「状態は変わらず好調をキープ。
距離については、まだ適性がハッキリしたわけでもなく、この間はダートまでこなしてくれましたからね。
まだまだ掴みきれない部分もありますが、大崩れしたのは2400m戦のときだけ。
ゆくゆくは、芝の1800〜2000mぐらいの競馬もみてみたいと思っています」(堀内厩務員)

最初はすぐに馬体が減ってたのに体を維持しながら続戦できる馬になってくれて
成長を感じます。
距離適性についても同感。
ストレス無く応援できます。来週もがんばれー
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

こっちは一安心

クールドリオン【3月6日更新】

 美浦トレセン在厩。この中間も順調に乗り込まれています。
「(本馬のような気性の馬は)良くなる馬と、悪くなる馬と2パターンに分かれるのですが、
本馬は精神的に強くなってきており、いい方向に出つつあるようですね。
レースでは『行くな』と合図をしても、馬が抑えて体を丸くしてくれないところがあるため、
やさしく接する騎手が合いそうです。
なお、次走はもう一週あけて、3月23日(日)中山7R 3歳500万下(芝1600m)へ。
ダートもこなしてくれますが、ここは初勝利を挙げた条件でいってみたいと思います」(二ノ宮調教師)
「レースに行く馬もそうでない馬も、木曜日はゲート確認を行うことが多いのですが、
本馬は中で落ち着いていましたし、『レースを知っているな』という印象を受けました」(鷹野騎手)
「状態面は変わらず良好。少しずつ馬がしっかりとしてきており、
身のイメージが薄らいできた気がします」(堀内厩務員)

うん、1週あけて芝戦という常識的な選択に落ち着いて安心。
厩舎滞在三ヶ月を迎え結構かわいがってもらっています。
馬体に身が入ってくれればもっとやれるはず。
本格化が待ち遠しいです。次もがんばれ。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

結構しつこく使うのね・・・

クールドリオン【2月28日更新】

 レース後も異常はなく、北馬場にて軽めの調整となっています。
「1400mではさすがに忙しかったようですが、トモが強くなってきただけあって、ダートも問題なくこなしてくれましたね。プラス体重だったように、やはり輸送を苦にすることもありませんでした。どうやら自己条件であれば、メンバーや流れひとつといった感じ。500万クラスを突破できる力が備わりつつあるのでしょう。次走は、3月15日(土)中山7R 3歳500万下(ダ1800m)を第一候補としています」(三浦助手)

クールドリオン【2月24日更新】

 互角のスタートから、前半は後方集団の一角。コース変更により好位組2頭に水をあけられたものの、自身も終いまで渋太く脚を伸ばし、結果5着での入線となっています。
※積雪の影響により、コース変更(芝1600m⇒ダート1400m)になりました。
「初ダートにしては上手にこなしてくれましたが、距離の1400mはさすがに忙しいですね。道中でもう少し抱えて脚をタメていける1600〜1800mであれば、案外ダートでも面白いかもしれませんよ」(松岡騎手)
「使いつつ競馬がうまくなってきた様子。以前は内にモタれるような所もありましたが、今日はそういった面をみせず、砂を被っても嫌がることなく頑張って走ってくれましたね。競馬は本当にわからないもの。今回のダート変更は本馬にとって得るものが大きかったような気がします。この後は厩舎で様子見を行い、中山のダート戦なども選択肢に加え、続戦を考えていきましょう」(二ノ宮調教師)
◆輸送競馬を難なくクリア。その上、ダート変更にまで対応できたように、気性が難しく、まだまだ成長途上の身でもある本馬としては、よく頑張ってくれています。また、鞍上も無理に前を追いかけることなく、ひとつでも着順を上げられるよう、この馬のレース運びに徹してくれたのは好判断と言え、厩務員のいう「ジュニアCがフロックではない」ところを示してくれました。(HTC)

ちょっとまて!
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

コース変更

ついに自分の出資馬がコース変更の憂き目にあいました。
コース変更ってレースの前提自体が崩れるわけで
まだ延期してもらったほうがいいです。
レース・賭け事としての前提が崩れる暴挙をなぜJRAは
平気で行うのか理解できません。
馬をギャンブルの対象としか見ていない旧態依然の戦後競馬的考え方だろうに。
ブラックストームもリオンも買えません。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

今週もがんばれ!

クールドリオン【2月21日更新】

 2月24日(日)京都9R こぶし賞(3歳500万下・芝1600m)に松岡正海騎手にて出走予定。
「普段はカリカリしているタイプですので、輸送を見越して追いきりはサーッと。馬体はフックラとまではいきませんが、前走と同じぐらいのものは維持できていると思います」(平野騎手候補生)
「やんちゃな馬ですけど、輸送時は意外と大人しいので、京都遠征は大丈夫なはず。馬体こそ増えていないものの、体調は変わらず良好のようですから、ジュニアCがフロックと言われないように、何とか巻き返して欲しいですよね。2戦目でうまく乗ってくれた鞍上との相性の良さにも期待します」(堀内厩務員)
「この間、跨った感触からすると、だいぶトモに力がついてきていますね。以前と比べて、レース後にガタッとこなくなったことからも、この馬なりに良化が進んでいるのではないでしょうか」(三浦助手)

昨秋に一度頓挫したわりにはデビュー後順調に使えますね。
ラインが細いのは成長待ちですが脚元に不安がないので楽しみです。
こぶし賞は差し馬有利とのデータもあるので相手は強いのいそうですががんばって欲しいです。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

順調そうでなにより

クールドリオン【2月14日】
 2月17日(日)東京7R 3歳500万下(芝1600m)に出馬投票を行い、除外による優先出走権を取得。来週2月24日(日)東京6R 3歳500万下(芝1800m)へのスライド出走を予定しています。
「いまの出馬ラッシュを見越して、予定よりも一週早めから投票することになったため、この除外は織りこみ済み。
前走は距離が長かったのか、ラストでフラフラした走りになってしまいましたが、1800mであれば、
巻き返してくれてもおかしくないと思っていますよ。馬は相変わらずチャカチャカして元気一杯の様子。
余計なエネルギーの消費が多い分、飼葉を食べてもなかなか身体が膨らんでこないのかもしれません」(酒見助手)

こいつは昨年秋に一度へこたれて放牧に出されてたはずなのに元気ですなぁ。
脚元にも不安が無いのがいいですね。
実が入ってきたら本当に楽しみ。後々なら2400もこなせるかもと思っていますが
ためし時が難しいですよね。
1600〜2000あたりで堅実な走りを見せてくれそう。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

グダグダですが

12月にバイクで交通事故に遭って肋骨折を負いましたが
今度はインフルエンザです。水曜日から何かと有名な「タミフル」を服用してました。
幸い外に出たくなるようなことはギレンの野望新作発売くらいしかなかったので
問題行動を起こさず部屋で療養していました。

さすが今年は大殺界どまんなかで月でも大殺界。
川崎大師の「凶オミクジは伊達じゃない!」

クールドリオン【2月7日更新】
 美浦トレセン在厩。レース明けのため、今週は北馬場にて疲労取りの調整に終始。
「特に疲れがないようであれば、2月24日(日)東京6R 3歳500万下(芝1800m)への
続戦を考えていきたいと思います」(二ノ宮調教師)
「ジョッキーも最後は無理をさせていなかったので、着順は気にしていません。
ラストで伸びなかったところをみると、ちょっと距離が長かったようですね。
ただ、デキが良かっただけに、もう少しやれると思っていたのですが…。
馬体増が望めそうだった前走時でさえ、増減なし。
今後は、体をもっともっと増やしていくのが理想です」(堀内厩務員)

まだ続戦ですか。
3戦したからそろそろ入れ替え含めて短期放牧に出すと思ってたので意外。
脚元に問題なさそうなのでしっかり稽古してがんばれ。

posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

確かに距離かな

クールドリオン【2月2日更新】 東京6R芝2400m500万下 13頭立て10着
 
「最後で伸びなかったということは、結果的に距離が長かったということでしょうか。
馬の雰囲気は前走と比べても良かったですし、レースそのものにはしっかりと折り合えていました。
それで伸びないのですから、やっぱり距離でしょうね」(柴田善騎手)

「道中で楽をしていたのに終いで思ったほど伸びなかったところをみると、鞍上が言うように
距離が長いのかもしれません。芝の1800〜2000mぐらいが合うということなのでしょうか。
ただ、今日は結果が伴わなかったものの、一戦一戦ハミ受けが良くなっており、リラックスして
走れるようにはなっています。そのあたりがいい方向に出ていますので、悲観をすることはないでしょう。だいぶ体がフックラしてきたのに、馬体重は変わらず。
目方はもっと増えてきてもいいですよね」(二ノ宮調教師)

◆馬のデキが良く、前半はいい感じで競馬を進めていましたが、直線で追い出されてからがサッパリ。
簡単に大敗を喫するような馬ではありませんので、陣営のいう「距離が影響した」と
捉えるのが妥当なところではないでしょうか。
馬自身は体つきに少しずつボリュームが、そして気持ちには落ち着きが出てきており、
着々と良化を遂げている様子。引き続き、調教師とともに適鞍を模索しながら、
結果につなげていきたいと考えます。(HTC)続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

どうしたんでしょう?って

クールドリオン【1月31日更新】
 2月2日(土)東京6R 3歳500万下(芝2400m)に柴田善臣騎手にて出走予定。
「最近は飼葉をモリモリ食べてくれますし、相変わらず元気一杯。絶好調のようですね。
一気の距離延長が少々気掛かりではありますが、引っ掛かる馬ではないですから、
この距離はむしろ歓迎のクチ。跳びの大きさを考えれば、東京コースも合うでしょう。
木幡騎手も『自己条件ならすぐに順番』と言ってくれており、ここは楽しみな一戦です。
気のせいか、ここにきて馬体の白さが増してきたように思います。
栗毛の馬なのに…どうしたんでしょう?」(堀内厩務員)
続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

順調なのがなにより

クールドリオン【1月24日更新】
 美浦トレセン在厩。2月2日(土)東京6R 3歳500万下(芝2400m)にむけ、入念に乗り込まれています。
「出掛けが引っかかり気味になったぐらいで、追いきりでの動きは何ら問題ありません。
引き続き、好調をキープできていると思います」(平野騎手候補生)
「体つきが細く映るのは、現時点における本馬の体型のせい。
飼葉は残さずにしっかりと食べてくれますので、状態面は変わらず良好ですよ」(堀内厩務員)

続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

このこは楽しみです。実が入ったらどうなるんだろう

クールドリオン【1月17日更新】
 美浦トレセン在厩。この中間も順調に乗り込まれています。
「次走は、2月2日(土)東京6R 3歳500万下(芝2400m)を予定。
レースまでまだ日がありますので、今週は馬なりで十分。
マイルで時計を詰めたとは言え、ジワジワと伸びてくるタイプですから、距離は延びたほうがいいはず。
飼葉を食べているにもかかわらず、まだ馬体が華奢に映るあたりは課題で、
もう少し馬がしっかりとしてくれば、さらにやれるのではないか」(堀内厩務員)

続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

楽しみ継続中

クールドリオン【1月10日更新】
 レース後も反動はなく、北馬場にてダクとハッキング調整を消化しています。
「使った後も元気一杯。疲れるどころか、暴れているぐらいですからね。
距離が延びても大丈夫のようですから、次走は、2月2日(土)東京6R 3歳500万下(芝2400m)を
視野に。今後が楽しみになってきました」(田澤助手)
「手がかかるのは、いつものこと。それでもレースに行けば真面目ですから。
うるさくする仕草は、もっと走りたい、動きたいという意思表示なのかもしれませんよ」(堀内厩務員)

続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

堅実な走り

クールドリオン
1月6日ジュニアカップは1.34.9で0.8差の5着でした。
これで2年連続ジュニアカップ5着(昨年アルシラート1.37.0 マイネルシーガルと0.6差)
前走の未勝利勝ちから中1週で同コース2.7もち時計を詰めての掲示板確保。
勝ったスマートファルコンはハイペースの後方待機とはいえ相当な器なようです。
ラップタイムが違うとはいえこの時期の3歳で準OPの安定勢力カイシュウタキオンと同タイムで
走るのですから。
しかも古馬準OPの初富士S出走馬の上がり最速は同馬の35.1。
それを0.7上回る末脚はかなりのもの。
2着オーロマイスターとの差はデビュー戦と同じく0.7。続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

何かすごい間が開いた気が・・・

クールドリオン 1月3日更新

1月6日(日)中山9R ジュニアC(3歳オープン・芝1600m)に柴田善臣騎手にて出走。
「直前は単走で。相変わらず動きは良好で、心身ともにいい状態を維持できています。
今回はオープン挑戦となりますが、4週目の自己条件まで待って調教ばかりを続けていくよりは、
本馬のためになるのではないでしょうか。まだまだ馬体もトモもパンとしていない状態ゆえ、
強気にはなれませんが、それでも前走でスッと勝ち上がってくれたあたりは、本馬の能力。
この先の伸びしろがあるということですからね。現時点でどれくらいやれますか。
まずはそのレースぶりに注目したいと思います」(三浦助手)

続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

勝ち上がったライオン

クールドリオン12月27日更新

 美浦トレセン在厩。レース快勝後も反動はなく、順調な回復をみせている。
「使った後も元気ハツラツ。トモがパンとしていない段階に、前残りの流れの中、
人馬ともによく頑張ってくれました。
次走は、1月6日(日)中山9R ジュニアC(3歳オープン・芝1600m)を検討しています
(三浦助手)
「前走ほどうるさくなかったですし、競馬にいけば大丈夫。真面目に走ってくれました。
前残りの競馬を差してきたのですから、収穫アリ。
これで普段から馬が落ち着いてくれるようになれば、なおのこと楽しみが広がります」(堀内厩務員)
続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

勝ちました!!!

クールドリオン
中山3R2歳未勝利戦で勝ちあがりました!!!
1.37.6は平凡ですが中団から直線伸びて快勝。
上がり3ハロンは36.2で一位かと思いきや
どん尻追走のトップオブオアフが35.6であがってました(泣)
結構3角から追い通しに見えたんですが手ごたえが悪いのではなかった様子。

「急にカーッとしないように注意して乗った。
3角で少し追っ付けたのは手応えが悪かったのではなく、いい意味でのこの馬の遊び。
あまりゆっくりもしていられませんので、仕掛けて行った。
道中の遊びが直線の伸びにつながっているとも考えられ、いいことだと思うが、
気性的な成長がみられれば、もっとレースを進めやすくなり、
競走馬としての幅も広がってくるのではないか」(松岡騎手)
「リフレッシュ放牧を挟んで、この馬なりに落ち着いていた。
それでも道中はフラフラして、レースの流れに乗ってきただけ。まだまだ馬が子供のようです。
普段の性格をよく知っているだけに、正直こんなに早く勝てるとは思いませんでした。
相手関係に恵まれたとはいえ、これは嬉しい1勝。距離は大丈夫でしたよ」(二ノ宮調教師)

どんだけ馬券下手だよ
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

2or3番人気?

クールドリオンは5枠9番です。
可もなく不可もなくといったところ。偶数の方が良かったけど。
一眠りしてから中山に出陣してきます。
頼みますよ〜。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

口取応募完了!!  ・・・もハズレ

クールドリオン12月20日更新

 12月22日(土)中山3R 2歳未勝利(芝1600m)に松岡正海騎手にて出走予定。

ぼく馬の調教時計と公式ページ掲載の時計が違いすぎますが仕方ないですね。手動ですから。
相手関係も含めてかなり楽しみです。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。