2010年12月03日

転厩

ファストロック【12月3日更新】

 今後の方向性につきまして、師と意見交換を重ねました結果、少しずつではあるものの、闘志が戻りつつある現況から、もうしばらくの間、オープン馬として現役を続けていきたいという倶楽部の意向を藤澤調教師が快諾。急ではございますが、近日中にも藤澤イズムを継承する尾関知人厩舎に転厩の上、予定のディセンバーSに向かい、本レースの成績次第で去就を検討するのではなく、来年も現役を続行することで内定いたしました。藤澤厩舎との意思疎通が円滑であり、かつ新しい環境となる尾関厩舎の管理下、復活に向けて全力を傾けて参りますので、引き続きましてのご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
「本馬にとって本当に引退をさせるべきタイミングであれば、どういった形であれ、(現役続行を)遠慮願うところですが、まだ良化の余地は残されているかもしれませんし、倶楽部の熱意も十分に伝わってきました。それであれば、より本馬を優先的にトレセン内で管理できうる状況を整え、導いてあげることができればと、今回の運びに至った次第です。区切りとして、年内は自厩舎での出走でも良かったのですが、出走直前の段階から引き継ぎを行ったほうが本馬のため、また尾関厩舎のためにもなるとの判断から、この週末にかけてバトンを渡したいと思います。引き続き、ファストロックを応援してください」(藤澤調教師)

【12月2日】
 美浦トレセン在厩。28日(日)、1日(水)と坂路にて徐々にピッチを上げて乗り込まれています。馬体重494kg(11/30測定)
「ハミ受けをきちんとさせるため、また何らかの変化を求めていくために、今週からはクロス鼻革をつけて調整しています」(北村宏騎手)
「昔よりも馬が穏やかすぎる分、もうひとつ物足りない感じ。脚元を気遣う必要があるため、どうしても坂路主体の稽古しかできませんので、
大幅に打つ手を替えることができないのがツラいですよね。クロス鼻革の件もそうですが、少しでも良い方向に持っていけるよう、
色々考えながら進めています。出走は、12月18日(土)中山11R ディセンバーS(オープン・芝1800m)が目標です」(土田助手)

尾関知人厩舎

平成11年4月 JRA競馬学校厩務員課程入学
平成11年10月 美浦・藤沢和雄厩舎所属(厩務員)
平成11年10月 美浦・藤沢和雄厩舎所属(調教厩務員)
平成11年11月 美浦・藤原辰雄厩舎所属(調教厩務員)
平成12年5月 美浦・和田正道厩舎所属(調教助手)
平成14年11月 美浦・大久保洋吉厩舎所属(調教助手)
http://ozeki-stable.at.webry.info/

どうでしょ。
ホントにもどるかなぁ・・・
次次第で僕も考えないとと思ってましたが・・・

posted by ルドルフ2世 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

脚元相当悪いんだな

ファストロック【9月12日】

 五分のスタートから、前半は好位4番手をキープ。勝負所より追っ付けながら進出を試みたものの、直線にむいて徐々に後退。
結果14着での入線となっています。
「道中は4番手からでも折り合いがついていましたし、勝負所から直線に向く所でも、決して一杯一杯ではなかったんです。
ところがまだ筋肉のつき方や中身が万全とまでいかない分、あとひと押しが利かず、最後は反応がなくなってしまいました。
休み明けを使いながら雰囲気が上向いているのは確かですので、こうやって進めているうちに良い頃のデキに戻ってくるはず。
以前よりも道中でムキにならないところをみると、もう少し距離があっても大丈夫かもしれません」(北村宏騎手)

◆鞍上のコメントにもあるように、馬の雰囲気は前走以上に映りましたが、脚元を気遣って満足行く稽古ができない分、
ガラリ一変とまではいかない様子。現状を考えますと、念入りなケアの下で適度に実戦を使いながらレース勘を取り戻し、
完調に近づけていくのが復活への近道ということになりそうです。
なお、上がりに異状は認められないものの、中1週の後になるため、次走については慎重に。
今度は「自分のリズムで運びやすくなってくる1800〜2000mのレースも」(北村宏騎手)選択肢に加わるかもしれません。(HTC)

この人たちはみんなファストロックがどの距離のレースでどんな競馬して勝ってきたのか忘れちゃったのかな?

2000で3勝、1800で2勝してる馬が
以前より道中でムキにならなくてなってもう少し距離があっても大丈夫かもしれません?
1800〜2000が選択肢に加わるかもしれない?

これがまだ、「得意の18002000もしくはそれより長い距離のほうがいいかもしれません」だったらわかるんだけど。

馬鹿じゃなかろうか。
別馬といれかわったのかな?
なんか大本の考え方に絶望的なものを感じるな。
posted by ルドルフ2世 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

京成杯AH

ファストロック

14着でした。
調教など見る限りではまだまだ全盛期に及ばない状態なのはわかっていましたが
内枠を利して・・・と淡い期待をしていたものの
最下位に沈みました。

3-4角であがっていけたときには「お!?」と思いましたが
直線むいてぱったり。
もともと直線では先頭で引き離していたい馬ですが
それにしてもぱったりですね。

朱鷺も休養前も含めて1.34.8のクリスマスがマイルでは限界の馬。
中距離で平均ペースに持ち込んで四角で4馬身くらい離す競馬してくれないと・・・

これで引退とか言われたくはないな。
藤沢はレース選択決定的に下手だからなぁ。
自分の考えをごり押しするし。

頭数と距離をみて朝日CCにしました。
とかで最下位なら納得はできるのに。
posted by ルドルフ2世 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

帰厩態勢整えて!

ファストロック【5月18日更新】

 クリスモルステーブル在厩。おもに周回コースにてダク3000m、坂路にてハロン18〜24秒ペースのキャンター3本を消化。今週より、週2回の15−15を開始する予定となっています。
「ケイクンのような症状は徐々に小さくなり、腫れも伴っていないことから、15日には予定通りに速めを登坂。乗り進めるにつれて馬にやる気が出てきましたし、息の戻りも早くなり、毛づやも良くなってきましたので、さらに負荷を高めていきましょう。このあとは19、22日と速めを乗って、24日には関西から駆けつけてもらう装蹄師に脚まわりをチェックしてもらう予定。両前には細心の注意を払い、帰厩態勢を整えていきたいと思います」(モル担当)

魔法の装蹄師に期待
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

まいう〜

ファストロック【5月11日更新】

 クリスモルステーブル在厩。おもに周回コースにてダク3000m、普通キャンター4000mを消化。今朝は坂路3本を乗り込まれています。
「左トモの皮膚炎がケイクンに近い症状(10円玉程度の大きさ)を見せていたため、この中間は大事を取って坂路入りを控えましたが、もう80%は大丈夫。週末にはクリアになり、ふたたび坂路主体の調教に戻すことができるでしょう。少し楽をさせただけでも腹周りに余裕が出る馬ですからね。週末に予定している15−15の際には、久々に併せ馬で行くつもり。気持ちを乗せながら、シェイプアップを進めていきます」(モル担当)

こんなにデブキャラだったかなぁ・・・
くいしんぼうみたいな言われ方。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

キッツははるか遠くなり・・・

ファストロック【4月27日更新】

 クリスモルステーブル在厩。今週は、おもに周回コースにてダク3000m、普通キャンター4000mを消化。フラットコース中心で乗り込まれています。
「先週末に内股に軽く皮膚炎が出たため、余計な負荷や刺激を与えないよう、今はフラットコース中心の稽古。もう数日は大事を取って坂路入りを控える予定ですが、すでに引いていますので、土曜日からは(坂路入りを)再開し、来週の火曜日に15−15を乗る予定で考えています。引き続き、ピッチを上げて乗り込んでいくスタンスに変更はありません」(モル担当)

明日が15-15の日。
夏のローカルは1800,2000のOP、重賞がわんさかあります。
そこで出られるといいなぁ・・・
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ようやく

ファストロック【4月20日更新】

 クリスモルステーブル在厩。おもに周回コースにてダク2000〜3000m、坂路にてハロン18〜24秒ペースのキャンター3本を消化。週1回、15−15を乗り込まれています。
「17日の15−15の後、幾らか脚元が熱を帯びましたが、週明けにはスッキリ。見た感じと乗った感じとでは、また印象が異なるため、今朝は自分で乗ってみましたけど、やはり心配はなさそうですね。競走馬はスポーツ選手ですから、細かく報告をしていけば、みんなどこかに不安は抱えています。ただ、本馬の現状はペースアップを進めていっても問題のないレベル。今週末も15−15を1本行く予定ですし、機を見てさらに負荷を高めていきたいと思っています。調教時は頭を下げて、ちゃんとハミを取ってくれるように、走りのスタイルに注文はありません」(モル担当)

15−15まで来ました。
あとは能力を発揮出来る状態まで
がんばれロック。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ロックはどうだ?

ファストロック【4月13日更新】

 クリスモルステーブル在厩。周回コースにてダク3000m、坂路にてハロン18〜24秒ペースのキャンター3本を消化。週1回の15−15を開始しています。
「牝馬に気を取られてみたり、馬房内でソワソワしてみせたりと、良く言えば馬が若くて元気、悪く言えば6歳とは思えないやんちゃぶりですね。毛づやは週を追うごとに良くなっており、脚元も以前とは異なり、乗った後もスッキリとした状態をキープ。あとは段階的にペースアップを進め、重めの馬体を引き締めていくだけとなりました。調教師から電話が入る際も、第一声はいつも『ロックはどうだ?』師の期待に応えるためにも、引き続き入念に体を作っていきたいと思います」(モル担当)

全然数使ってないですからね。
やっと「すっきり」って言葉が出てきました。
まだまだがんばってもらわないと。
モルさんのカズー預託馬はロック一頭とかってオチはないですよね?w
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ようやく

ファストロック【3月30日更新】

 クリスモルステーブル在厩。周回コースにてダク3000m、坂路にてハロン18〜24秒ペースのキャンター3本を乗り込まれています。
「調教を進めるごとに馬にやる気が出てきており、脚元はむしろ乗り出してからの方が落ち着いている感じ。
性格的にも難しいところはなさそうですので、あとは入念な下準備や虫下しなどにより、
くすんで見える毛づやの良化に力を注いでいきたいと思います。
来週より、15−15移行のタイミングを窺っていきましょう」(モル担当)


15−15の声が聞こえてきました。
今度頓挫するようだと進退でしょう。
まずは元気に復帰してもらいたいです。
ロックの底力に期待。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

すっきりとはいかないもので

ファストロック【3月23日更新】

 クリスモルステーブル在厩。周回コースにてダク2000m、坂路にてハロン18〜24秒ペースのキャンター3本の後、軽いキャンター800m、ダク1200mを乗り込まれています。
「まだ内面から湧き出てくるような活気に乏しく、毛づやも良化途上。見た目にもベストコンディションとは言えませんので、やはり15−15は来月に入ってからのほうが良いでしょう。状態が上がってくる波に合わせるようにペースアップしてあげるのが理想ですので、ここは無理せず慎重に。脚元に関しては、坂路主体の調教が合うのか、ひと頃に比べるとずいぶん落ち着いている印象です」(モル担当)

体調もまだ万全ではないし
脚元も「落ち着いてる」だけ。
入厩後の調教に耐えられるのかなぁ。
9月にもどったときも2週間ですぐにもどることになったし。
不安だ。
完治するのか?
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

まだ緩んデルのか

ファストロック【3月16日更新】

 クリスモルステーブル在厩。周回コースにてダク2000m、坂路にてハロン20〜24秒ペースのキャンター3本の後、軽いキャンター800m、ダク1200mを乗り込まれています。
「坂路の3本目には、自然とハロン18秒ぐらいに。太く緩んでいる体のカタチを良くしていくのはこれからですが、自らハミを取って走れるようになってきたのは前進。
来月からは15−15に移行できそうな上昇カーブを描いていますよ。
気温の変化が激しく、体調を崩しやすい季節ですので、管理には細心の注意を払って対応しています」(モル担当)

4月から15−15開始だと早くて5月末くらいですかね。
中距離を選んで使って欲しいです。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

めどたってないんかい!

ファストロック【3月9日更新】

 クリスモルステーブル在厩。おもに周回コースにてダク2000m、坂路にてハロン20〜24秒ペースのキャンター3本の後、軽いキャンター800m、ダク1200mを乗り込まれています。
「毎日、脚元を冷やしながらの調教ですが、こちらにきてから一番スッキリしている状態ですし、この調子で少しずつピッチを上げていけそうな手応え。時計は遅めでも、うちの坂路3本は決して楽ではありませんからね。高齢馬や出走回数が多い馬ほど、背中にいい肉を盛っていくのが難しくなると言われますが、ダイエットと並行して何とか競走馬らしいラインに仕上げていければと思います。ここをうまく乗りきれば、復帰への目処が立ってきます」(モル担当)

緩んでるから大変だなぁ。
ちゃんと復帰出来るのか不安です。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

くいしんぼう万歳

ファストロック【3月2日更新】

 クリスモルステーブル在厩。おもに周回コースにてダク2000m、軽いキャンター2000m、坂路にてハロン24秒ペースのキャンター3本を消化しています。
「坂路調教を3本に増やしたり、3本目の登坂後にそのまま周回コースを1周半したりと、少しずつトータルでの調教量を上げながらダイエット中。寝わらまで食べる馬なものですから、馬房の四隅はウッドチップに敷き替え、体重の増加を制限しています。腹周りは徐々に引き締まりつつありますので、今後は背中やトモなど、競走馬として必要な箇所に筋肉をつけていきたいと思います」(モル担当)

最近くいしんぼうキャラをばらされたロックさん。
ファンタストで夏負けしてた2歳時が懐かしいですw
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

大丈夫か??

ファストロック【2月23日更新】

 クリスモルステーブル在厩。現在は、周回コースにてダク3000m、軽いキャンター2000m、坂路にてごく軽いキャンター2本を消化しています。
「2本目の登坂後は、そのまま繋がっている周回コースに入ってのキャンター調整。
まだ軽めではあるものの、長めをジックリと乗っていますので、太かった体も競走馬らしく引き締まり、
トモにも筋肉が付いてきましたよ。ここまでは順調にメニューを消化してくれているのは何より。
ただ、脚元が完全にスッキリしたわけではありませんから、
『時間をかけて体を造っていく方針』(調教師)には変わりありません」(モル担当)

まだかかりそうですね。それでもスッキリしない脚元。
入厩してもまたすぐ逆戻りじゃどうにもなりません。
なんとかならんもんですかね。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

相当悪いんじゃん

ファストロック【2月16日更新】

 クリスモルステーブル在厩。現在はおもに周回コースにてダク3000m、
軽いキャンター2000m、坂路にてダク2本を消化しています。
「洗い場で牝馬を見つけてはブヒブヒ。モコモコしていた毛足も短くなり、
馬の雰囲気はだいぶ活力に満ちたものになってきましたね。
脚元に対しては、反動が出ないように消炎剤と日々の冷却によるケアを施しつつ、
慎重にペースアップのタイミングを窺っているところ。
これまでもお伝えしているように、バリバリ乗れるほど健全な脚元ではないものですから、
まずは距離を延ばし、それから時計を詰めていく手順で進めていきたいと思います」(モル担当)

これだけ時間かけても「健全な脚元ではない」ですか・・・
昨年のマイル無駄遣い+どろんこ馬場連戦がここまで痛手になったわけですよね。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

これでどうか・・・

ファストロック【2月9日更新】

 クリスモルステーブル在厩。予定よりも数日ほど調教を継続した上で、昨日、二度目のショックウェーブ放射を施行。
今日、あすは引き運動のみとし、週末よりふたたび段階的にピッチを上げていく予定となっています。
「2回目のショックウェーブはあくまでもダメ押し。肩の出などは必ずやスムーズになってくるはずですから、フレッシュな状態の下、ペースアップに着手できるのではないでしょうか。
毛づやは見違えるように良くなってきましたので、今度は身体のライン。
落ちた背肉を戻し、大きな腹周りをシェイプアップしていかなければなりません」(モル担当)

こっからやっと鍛錬に。
中距離で軽快な先行を見せてもらいたい!
がんばって鍛え直してレースに復帰を!
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

ダイエット中?

ファストロック【1月19日更新】

 クリスモルステーブル在厩。13日(水)にショックウェーブ治療を行ったため、以降2日間は運動のみ。現在は周回コースにてダク3000mを消化しています。
「効果はてきめんで、今は元気な歩様をみせていますので、ほどなく普通キャンターへ移行する予定。
2〜3週間後にもう1回治療をすれば、だいぶ波に乗ってくるのではないでしょうか。
肩の疲れが尾を引かないよう、目下は坂路入りを控え、周回コース中心の稽古で。
すぐに太るタイプですから、ダイエットが大変です」(モル担当)

いろいろと考えながらやってくれてるみたいです。
ミホよりは全然良いですね。
ここを順調に乗り切れば5月の府中が見えてくるでしょうか。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

ショックウェープ

ファストロック【1月12日更新】

 クリスモルステーブル在厩。ここまでは、軽いキャンターを継続。明日、ショックウェーブ治療を行うため、以降2〜3日は運動のみの調整を予定しています。
「太めを動かし始めてからの最初のヤマ。爪や球節などに反動はないものの、ここにきて右肩と左肘に疲れが生じ捌きが硬くなってきましたので、獣医師に相談し、二度ほどショックウェーブ放射を行ったうえで、切り抜けていくことになりました。クオリティの高さが伝わってくる馬であり、師からは『焦って仕上げ急がないように注意するように』言われています。軌道に乗ってくるまでの間は、とにかく慎重に進めさせてもらいます」(モル担当)

早めに対処してくれれば問題ないでしょう。
軌道にのせてください。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

がんばってほしいです!!

ファストロック【1月5日更新】

 クリスモルステーブル在厩。周回コースにてダク2000m、軽いキャンター2000m、
坂路にてダク2本を乗り込まれています。
「冬場ということもあり、ときおり歩様が硬く映ることもありますが、蹄鉄はすでに馴染んでおり、
肩から爪までチェックをしても特に大きな問題はありませんので、
少しずつピッチを上げて乗り進めています。目下は太めの馬体を引き締めるところからのスタート。
長めの距離をじっくりと乗ることにより、ペースアップに向けての下地を作っていきましょう」(モル担当)

しっかり下地を作って復帰に向けてがんばってほしいですね。
OPで1勝を期待しています!
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

クリスマスはクリスモルで僕と握手!

ファストロック【12月22日更新】

 クリスモルステーブル在厩。現在は周回コースにてダク・ハッキング3000m、逍遥コースにて15分間の騎乗運動を消化しています。
「引き続き、特殊蹄鉄に替えた後の感触を確かめており、もう1週間ほどで完全に馴染んできそうな様子。
より本馬に合った靴を履かせてやり、(走りやすくしてあげることによって)脚部への負荷を軽減していく方策を選択したのは、今後のペースアップをスムーズなものにする必要があるからこそ。
調教強化〜帰厩〜出走と直結させるための手段としては、最も相応しいのではないでしょうか。
おそらくは年明けより進めていけるかと思いますので、それまではタンパク質を控えるなどしてエサで調整。
重くなり過ぎない馬体管理にも気を配っていきます」(モル担当)

ミホなんかに比べると雲泥の差とも言える対応。
バカンス専門のミホで7ヶ月も過ごしたので
クリスマス返上でクリスモル(しつこいw)で調整して
しっかり活躍してもらわないと。
がんばれロック。

posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。