2008年02月01日

不安が勝ってる現状です

アルシラート【1月31日更新】
 2月2日(土)京都10R 水路閣特別(1000万下・芝1200m)に小牧太騎手にて出走予定。
「追いきりの時計が予定よりも速くなってしまいましたが、(気合乗りが良すぎて)あれ以上セーブすると
完全に手綱を引っ張る形になりそうでしたので、ここは好調の証と捉えて、納得するほかないですよね。」1200mであれば、折り合いを欠くこともないはず。前半フワッと乗って、上がりを伸ばす競馬ができれば、
いい頃のパフォーマンスを期待してもよいでしょう。気掛かりは、週末の雨予報でしょうか」(徳江助手)
続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

平坦なら

アルシラート【1月24日更新】
 1月27日(日)小倉12R 帆柱山特別(1000万下・芝1200m)に出馬投票を行い、除外による優先出走権を取得。
来週2月2日(土)京都10R 水路閣特別(1000万下・芝1200m)にむかう予定となっています。
「最初から来週以降のつもりでしたので、きのうの追いきりは馬なりで。
その割にはいい時計が出ましたし、動きもグンと良化してきましたね。
除外1回では、出走が確約されないですが、ここにきて急に雰囲気が良くなってきたこともあり、
来週は出馬を叶えたいところ。
この調子をキープできれば、ここ2戦とは違った競馬ができるかもしれません」(徳江助手)
続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

今週のMAP

アルシラート【1月17日更新】
 栗東トレセン在厩。
明日より、ウッドにて速めを行う予定となっています。
「相変わらず、スラッとした脚長の体型ですが、体調そのものは良さそうですね。
レースは、2月2日(土)京都10R 水路閣特別(1000万下・芝1200m)を意識。
もしかすると暖かくなるにつれて調子を上げてくるタイプかもしれませんので
そのあたりも含めて、今後の動きや結果を見守っていきたいと思います」(徳江助手)
【1月16日】
 グリーンウッドでの速め再開を受け、12日(土)に栗東トレセンへ帰厩。
【1月9日】
 グリーンウッド在厩。坂路にてハロン15〜17秒ペースのキャンター1〜2本を消化。
明日より、速めを再開する予定となっています。
「背腰やトモに力がついていないため、どうしても重心が後ろになってしまう様子。
スピード自体はある馬ですから、馬体回復とフォーム改善を目標に、念入りに稽古を重ねていきましょう。
今後の良化具合にもよりますが、厩舎からは、『第2回京都開催をひとつの目安にしてほしい』
との指示を受けています」(加藤担当)

この一週間に何があったんだよ!
この流れを見て納得できるかたご連絡ください。
また、徳江助手(延いては厩舎全体なのか)は状態把握が拙く、願望ばかりが目立ちます。
これが今の森厩舎の現状かと思うと不安一杯不満満載。
問題意識も見て取れません。最近の私アンチ森発言多いですが期待の裏返し。
本当にお願いしますよ〜
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

おいおい・・・

アルシラート
本日段階でJRAHPの森厩舎アルシラートから「放牧」の文字が消えました。
これ通常入厩状態を意味します。
1月9日時点で翌日から速めを乗り出す予定でした。
しかもグリーンウッドでは
「背腰やトモに力がついていないため、どうしても重心が後ろになってしまう様子。
スピード自体はある馬ですから、馬体回復とフォーム改善を目標」に
厩舎から「第2回京都開催をひとつの目安」に調整していたはず。
それなのにこの入厩劇。
明らかに「馬房が空いたから・・・」的な移動。これが森厩舎の不振の原因でしょう。
これでウッドで調整してレースに出走という流れをとるなら
サイアクです。
はぁ、まだルーヴェもレリアーナ仔も居るのにこの厩舎はどんどん泥沼にはまっていくのかなぁ・・・
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

よろしくお願いします

アルシラート【1月9日更新】
 グリーンウッド在厩。坂路にてハロン15〜17秒ペースのキャンター1〜2本を消化。
明日より、速めを再開する予定。
「背腰やトモに力がついていないため、どうしても重心が後ろになってしまう様子。
スピード自体はある馬ですから、馬体回復とフォーム改善を目標に、念入りに稽古を重ねていきましょう。
良化具合にもよりますが、厩舎からは、『第2回京都をひとつの目安にして』との指示を受けています」(加藤担当)



続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

そういう姿勢を待ってました

アルシオラート12月26日更新

 グリーンウッド在厩。坂路にてハロン16〜17秒ペースのキャンター1〜2本を消化。
「頭の高い走法は、背腰に負担がかかりやすいため、
この機会にフォームの改善にも取り組んでいきたい。
体調に問題はなく、疲れや痛みもありませんが、もう少し馬体に張りが欲しい感じ。
ピッチを上げていく中で、教え込んでいきたいと思います」(加藤担当)

続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

その個人的な見解はどうなのよ?!

アルシラート12月19日更新
16日(日)にグリーンウッドへ
前走は決して距離が敗因ではなく、'直線のこれからという時に、外から被されながら、
先に上がって行かれたのが大きかった'というのが個人的な見解。
続きを読む
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

消耗だけが残ったのか?!

アルシラート12月12日更新

痛んでないが体が細くなったため島上牧場へ。
本調子にない上に不適なレースに使ってはねぇ。
坂路調教を控える状態で坂のあるコースに使う意味がわからない。続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。