2011年01月28日

引退決定

来月末で退会手続き中の広尾さんのアルシラートが急転直下引退となりました。
遅きに失した感じは否めませんでしたからね。
なんだったんだろうか・・・

無事に余生を過ごせればいいなとは思いますが厳しいでしょうね。
人間と信頼関係をとれてない馬なんですから・・・

【1月28日】
 本日付けで競走馬登録を抹消いたしました。なお、出資会員の皆様には詳細を書面にてお送りいたしますので、到着まで今しばらくお待ちください。これまで長きにわたり、皆様より多大なるご声援を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。ご声援、誠に有難うございました。
【1月27日】
 精神面の改善が窺えず、依然として追い切り手段が断たれてしまっている現状を踏まえ、本馬の進退につきまして慎重に協議を重ねました結果、心情的には大変苦しい決断を迫られましたが、ここまでの経緯や人馬の安全確保、会員の皆様の経済面などを考慮。最終的には現時点における現役引退が適切であるとの結論で合意に至り、近日中に競走馬登録を抹消する運びとなりました。なお、出資会員の皆様には、抹消手続き完了後に詳細を書面にてお送りいたしますので、発送まで今しばらくお待ち願います。
「競馬で結果を出していくには、それ相応の調教が必要。ましてやそれなりのメンバーが集い、除外等で出走スケジュールが立てづらい準オープンクラスともなると、角馬場とプール調整だけではさすがに厳しいため、昨年末からのナチュラルホースマンシップによる改善に望みを託したのですが…。段々と調教可能な手段が限られ、ついには競馬場の環境やゲートにまで難を示すようになり、その後も思うような改善が見受けられない状況では、いかんせん手の打ちようがありません。誠に残念ではありますが、ここでの引退を決めさせてもらいました」(森調教師)
【1月25日】
 グローバル在厩。ここまで約2ヶ月にわたり、ナチュラルホースマンシップスタイルによる管理を継続してきているものの、なかなか思うようなセラピー効果や改善の兆しが窺えず、現在もなお満足いく調教が行えない状況から、近々にも森調教師や育成牧場関係者を交え、今後の方向性につきまして、あらためて協議を行うことになりました。
「ここ最近は、本馬にすべての時間を捧げていると言ってもよいほど。それぐらい根気よく向き合って手を施しているのですが、坂路のスタート地点における膠着や後退などの拒否グセは一向に良化の気配を見せてくれず、もはや八方塞がりの状態。速歩だけでは競馬になりませんし、馬の背後でロングステッキを構えるスタッフの怪我も絶えませんから…。持田氏からは様々な提案があり、それを逐一実行に移しているものの、厳しい状況が続きます」(後藤場長)
「多少の進展があるとは言え、ここまで一定期間を接してきたその感触からは、とにかく時間が必要。それも同じ人間が年単位で対応することにより、変化が窺えるかどうかのレベルでしょう。ただし、仮に時間をかけたとしても、トレセンや競馬場に行けば、別の人間が扱うことになるわけで…。短期勝負の競走用馬としては、ちょっと難しいのかもしれません」(持田氏)
posted by ルドルフ2世 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

当たりました

アルシラートの前走のゼッケンが当たりました。

ジークエンブレムの未勝利戦に続いて2枚目の当選です。
アルシは結構数走ってるので頭打ちの現状あまり人気ないのかもしれませんね。
写真等はまたアップします。
posted by ルドルフ2世 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

とりあえず

馬体重が減ってなくて一安心。馬体重発表時


フジテレビ競馬放送から撤退してくれ。
くだらんやりとりを入れずにレースを見せろ。
新潟のメインレースはカットしやがった。
馬鹿じゃねーの?

そして短波で聞きましたが枠入りを嫌って大変だったみたいです。
下馬して覆面つけて・・・
スタートそのものは悪くなかったみたいですが
一度も名前呼ばれず。

これでいきなり「芝ダメ」の烙印押されたら困る。
ただでさえ
馬三郎で「芝がどうか」ってコメントがでてたので怒りまくってたら
東スポでは「芝がわりは問題ないが」ってなってて
競馬マスコミの独自変換かもしれないなぁ
と自分を落ち着かせてたのに・・・
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

明日の出走

アルシラート【5月20日更新】

 5月23日(日)新潟11R 駿風ステークス(1600万下・芝1000m)に大野拓弥騎手にて出走予定。
「これ以上減ってほしくない体つきですが、一度使った分の上積みはありそうですよ。きのうは気分が向いたのか、とてもスムーズに馬場へ。一度だけクルッと背を向けたものの、すぐにコースに入ってくれたことですし、長めからしっかり追い切ることができました。輸送競馬は慣れたものですから、おそらく大丈夫。直線1000mでどのような走りをみせてくれるのか、楽しみな部分はありますよね」(日高助手)

直前輸送なのかなぁ。
そのへん少しは工夫して欲しいところですが
待望の芝の短距離。
枠順は2枠4番とうち目を引きましたが
先週の驀進特別は3枠5番 着順だと5,11,3,2の順
未勝利は馬番で3,5,2の順
と2,3、5番の馬が上位に来ています。
なのでそんなに気にしなくても良さそうです。
54キロはまぁまぁですね。

大野くんはコンプリートランで安定した着順を出す騎手。
福島と新潟+中京が主戦場
この1年で騎乗数542に対して新潟で210戦、福島で149戦。
中京で99戦。

新潟を自分の庭にするべくがんばれ!
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

すげぇがんばったソフトクリーム

馬はすごいがんばってる!この条件で0.5差六着はえらい!

だからこそ厩舎関係が憎い”(ノ><)ノ
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

よっぽどいやな思いをさせたんだろう

【4月29日】
アルシラート【4月29日更新】

 5月2日(日)東京10R 立夏S(1600万下・ダ1400m)に投票しましたが、出馬ラッシュのため、除外となりました。
「先週の日曜日は何とか坂路に入ってくれたため、追い切ることができましたが、今週は厩舎近くの角馬場までが精一杯。そこから坂路やコースに向かおうとすると、馬のほうが警戒してしまって、まったく動かなくなってしまうんですよ…」(今井助手)
「満足いく調教を積むことができない苦しい状況が続きます。本来であれば、もっとレースを選り好みしたいのですが、出走まで間隔が開けば開くほど、調教不足でレースを迎える恰好になってしまいますから…。現状では角馬場とプール中心でデキを維持しながら、出走を重ねることにより追い切り代わりとし、その中でうまくハマってくれるレースを待つほかありません。来週5月8日(土)京都9R 高瀬川S(1600万下・ダ1400m)にむかいます」(日高助手)

せっかくの除外権も無駄遣い確定。
グローバル・GWでは創意工夫でこなせるのに
厩舎はすぐにお手上げなのか
よっぽどいやな思いをさせたのか・・・
森厩舎の馬ってこういうの多いですよね。
よっぽど馬と人との信頼関係ができてないのでしょうね。

月末の1200芝までGWに出してもどしてもいいと思うんですが
だめですか?
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

・・・

はい現在絶賛脱力中です。

ピースの敗戦もですが
アルシラートの更新みて力が抜けました。

【4月22日更新】
 本日、栗東トレセンに帰厩しています。
「輸送の影響はなく、無事にこちらへ。あす、明後日は運動とプール中心の調整にとどめ、日曜日に速めを乗る予定です。問題なく追い切れるようであれば、来週5月2日(日)東京10R 立夏S(1600万下・ダ1400m)での復帰も選択肢に入ってきます」(日高助手)
【4月20日更新】
 17日(土)には、坂路にて3F14.4−13.9−13.4を消化。本日、栗東トレセンにむけて、グローバルを後にしています。
「しばらく角馬場や周回コースでご機嫌をとったこともあり、久々となった17日の坂路入りを拒むことなく、すんなりとスタート。いざ走り出すと止まらない感じで、自分から駆け上がっていきましたよ。やはり“心”については幾らか疑問符がつくものの、“身”については問題なし。この馬としてはフックラといい格好で送り出すことができたと思っています」(後藤場長)

はい行き当たりバッタリの1400復帰来ました。
この期に及んで1400登録とかありえない。
愚痴ばかりですみません。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

おもったよりも

アルシラート【3月16日】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、坂路にてハロン18秒ペースのキャンター1本を消化。週1回の15−15を開始しています。
「今朝は調教師が見守る中、4F50.5秒の猛時計。これには師も『グローバルで最終追い切りに相当するところまで進め、西下後にサーッとやってレースを迎えさせてあげるやり方もある』と嬉しそうでしたよ。去勢から日が経ち、安定してきたのでしょう。腹目に肉がつき、フックラと馬体が良化してきたようにも感じます。時計を出せば、首も下がることですし、この調子であれば『5月頃の復帰がみえてくる』(師)かもしれません」(後藤場長)

栗東の坂路で50秒台出せるように戻るといいんですけどね。
グローバルの坂路50.5がどの程度なのかわからないw
ここまでできてても今回はゆっくりじっくりですね。
オフィサーもすごい時間かけてるし
珍しいですね。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

どうでしょうか

アルシラート【3月9日更新】

 グローバル在厩。おもにウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、週5回、坂路にてハロン18〜20秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。
「集団での坂路入りに切り替えての調整。さすがに先頭とはいかないものの、終いから追走する分にはゴネることもなく、コースに向いたら自分からゆっくりとスピードを上げて登坂できるようになっていますよ。今朝は試験的にラストを15秒台で乗りましたが、こういった気性の馬ですので、もちろん余裕の動き。去勢もしくはリフレッシュ効果が表れていると言ってもよいでしょう。この調子で少しずつピッチを上げ、本格調教につなげていきたいと思います」(後藤場長)

脚元に心配のあるうまではないですから
あとは気性面と鍛錬なんですけどね。
ダノンムローは一貫した使い方でOPまでいけそうです。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

なんでかね

アルシラート【2月23日更新】

 グローバル在厩。引き続き、ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、週3回、坂路にてハロン20秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「1頭だけで馬場に入る方策が功を奏してきたようで、このところは坂路のスタート地点にもスンナリと入ってくれるようになっていますよ。来週からはパートナーを1頭付けての調教に入りますが、ここは何とかクリアしてほしいもの。この休養によって、体はいい感じに余裕を持たせられていますので、気持ちも今のようなリラックスした状態を保ってくれれば、この先のペースアップに自ずと弾みがついてくるというものです」(後藤場長)


アルシは馴致中ですw
なんでこうなったのかなぁ。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

そんでどこ目指してるんでしょうか

アルシラート【2月16日更新】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、週3回、坂路にてハロン20秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「ひどい時は別馬1頭と3人がかりで馬場入りを強要していた本馬ですが、今ではすんなりと坂路に入り、スッと駆け上がっていきますからね。すでに1頭であれば合格点ですので、今後は調教パートナーを1頭ずつ増やしていきながら、ペースアップを試みたいと思います」(後藤場長)

なんか初期馴致のごとく他馬と一緒にやることおも訓練されてますね。
こういう工夫がレースでの走りにつながってくれるといいですね。
で仕上がったらまた1400とかだすのかなぁ・・
ちゃんとレースから逆算して仕上げないと
そうなりそうです。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

こっちはそろそろ??

アルシラート【2月9日更新】

 グローバル在厩。先週同様、週3回、坂路にてハロン20〜22秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「調教師から指示があり、一度だけ叱咤したところ、その後は坂路入りがスムーズに。
今は集団から離して1頭だけで調教していることもあって、ずいぶんとすんなりスタートが切れるようになりました。
乗り出し後も馬体はフックラした状態にありますし、ここまではいい流れで調整できていますよ」(後藤場長)

きっちりと躾がされてなかったのでしょうか?
まぁ脚元の不安で休んデルわけではないので
動かしながら帰厩のタイミングを図ることになるんでしょう。
いままでの感じだとそろそろ移動の声が掛かりそうな気がします。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

効果

アルシラート【1月19日更新

 グローバル在厩。先週同様、ウォーキングマシン40〜50分、角馬場にて20分程度のダク運動を消化しています。
「今週末より坂路入りを予定。今はボーッと大人しくしているからと言って、無防備な騎乗ではスタートからドカンと突っ走ってしまう恐れもあります。よって乗り始めは特に慎重に対応していく必要があるでしょう。この馬なりに腹目がフックラしてきたのは休養によるものだけではなく、去勢による効果も後ろ盾になっているのかもしれません」(後藤場長)

てかいままで牧場ではそんなに悪さした覚えないんですよね。
厩舎では大変ですが。
厩舎にはいってからが問題です。
ところでいつごろ復帰を目指してスケジューリングしてるんですかね?
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

今のうちに

アルシラート【1月12日更新】

 グローバル在厩。ウォーキングマシン40〜50分、角馬場にて20分程度のダク運動を消化しています。
「一旦完全に休ませた後ですので、ひとつひとつのステップにある程度の時間をかけながら、少しずつペースアップを進めていくスタンスで。角馬場では落ち着いて物事に取り組んでくれますし、飼葉もしっかりと食べ、だいぶ腹周りにもいい意味での余裕が出てきました。坂路入り後は、去勢の効果にも期待を寄せたいところです」(後藤場長)

競馬にいって効果がでるように今のうちにしっかりと!
厩舎には期待できないのでよろしく
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

どうでしょう

アルシラート【1月5日更新】

 グローバル在厩。本日より、ウォーキングマシン40〜50分、角馬場にて20分程度のダク運動を開始しています。
「だいぶ体がフックラとしましたので、まず手始めに角馬場入りからスタート。
軽く跨って、馬の様子を窺っていきましょう。冬場は無理をさせないスタンスですので、
月内はこのメニューを継続し、坂路入りは早くても来月以降。
問題は坂路入り後も今の落ち着いた状態をキープできるかどうかにかかってきます」(後藤場長)

心身ともにしっかり鍛えなおしてほしいです。
甘やかさないように。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

高橋亮

アルシラート【10月29日更新】

 11月1日(日)京都10R 西陣ステークス(1600万下・ダ1200m)に高橋亮騎手にて出走予定。
「昨日、試しにCコース入れようとしたところ、これがなぜかすんなりと馬場入りしてくれたんですよ。
これは、ということでそのままキャンターにおろし、その後もスムーズに追い切りへ。
たまたま気が向いたのか、珍しく普通に速めを乗ることができました。
本来は角馬場とプール中心の稽古も覚悟をしていただけに、直前にしっかり追い切れたのは強み。
そういった意味では、上積みをもってレースを迎えられるかもしれません」(日高助手)

16頭出走で3頭が二度除外権あり、残り13頭の枠を20頭の除外権もちと
権利なし馬で争って出走確定。

しかし高橋亮ですか。森厩舎が高橋亮に騎乗依頼するのって初めてですか??
もともとは橋口厩舎所属でダイタクリーヴァや大好きだったフロンタルアタックなどに乗っていました。
ダイタクリーヴァの乗り替わりのあたりから橋口先生との関係が変わったのか
故障などもあってまったくのらない、かてない騎手のひとりになっちゃいました。
最近は細々と親父さんのうまに乗ってるくらいの印象です。
去年は1勝今年は2勝ここ数年すべて父親の厩舎でしか勝っていません。

なんで亮くんに頼んだんでしょうね。
珍しくCコースできちんとした追い切りができたとはいえ・・・

posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

調教替わり

アルシラート

事後で「調教替わり」発言飛び出ちゃいました。
馬券買った人は怒りましょう。

そして連闘。
連闘できる精神状態なら除外権をこちらで
行使した方がなんぼかましだったでしょ。
1200以外は使いませんって
拇印おさせようよ。

芝の1200なら格上でもいいから。

posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

予想通り

アルシラートは2.6差の13着でした

この条件使う時点で予想通りとはいえ
自分の出資してる馬が無為に命を削って走っているのは
目を覆いたくなります。

映像見てると四角で伸びかけるも1.09あたりでぱったり止まる。
レースの上がりがラスト1ハロン13.4、勝ち馬と逃げ馬の差が0.2差
最後の一ハロンで逆転されてるので単純にスーサンライダーは13.6で上がってるとして
アルシはラストの1ハロン15秒くらいかかってるでしょうか。
たぶん1.09くらいしかレースに集中できない馬なのかもしれないし。
ってどんなことを考えても
厩舎がなにもしてくれないので辛いだけですね。
1200の芝レースにでて初めて感想をいうようにしようかなぁ。
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

失笑

アルシラート

今日の馬三郎のコメントみて失笑。
ダートの自己条件ならだって

1400の時点でありえないって。
1400で一度たりとて掲示板に乗ってないの知らないのかな。
この厩舎のみんなは。
1200の芝なら出遅れても腰の状態が悪くても
なにしてもどんなに負けても
重賞での0.7差が最大なのもしらないのかな?
1600万に適鞍が少ないのはわかってるけど
その条件にむけてレース選択をできない
この厩舎はもうダメだと思う。

ゴールデンルーヴェも現状、東京ダート2100がベストっぽいので辛いなぁ。
適鞍なくても「とりあえず」使いたがるからなぁ。
それで消耗して適鞍に使えないっていう愚の骨頂を犯すし。
まぁそんなにより好みしないと結果出せない馬に出資した
私が悪いのか・・・
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

玉取物語

アルシラート【7月7日更新】

 レース当日中に、グローバルへ直行しています。なお、調教師と協議を進めた結果、気性面の抑制と体質強化を意図として、この機会に去勢を行うこととなりました。
「馬場入りだけでもかなりてこずらせるようになってきており、満足いく稽古を課すことができない状況。準オープン馬ともなると相手も強く、また除外との戦いもあり、ムラのある状態ではなかなか競馬をさせてもらえませんので、もうひとつ上を狙っていくためにもここで去勢することを決意しました。スピード面ではヒケを取らない馬ですから、ゲートを含めてそれを少しでもうまくコントロールできるように仕向けていければと思います」(森調教師)
「実際に去勢するのは明日。一昔前とは異なり、去勢後はどんどん動かしていくのが主流ですので、長々と休養を必要とするようなものではありません。これがいいキッカケになってくれればと思っています」(後藤場長)

レース後更新

【7月5日】
 大きく出遅れたものの、すぐに馬群の最後尾に取り付き、内々の経済コースを通って直線へ。ちょうど1頭分の進路が開いており、懸命に脚を伸ばしにかかりましたが、最後は前と脚色が一緒になってしまい、結果13着での入線となっています。
「聞いていた通り、ゲートは苦手。左に出ようとするのを右に戻すのが精一杯という状況でした。でもその後は特に引っ掛かることなくついて行くことができ、道中は内々でジッと我慢。4角から空いている内のスペースに突っ込んで行ったところ、結構反応が良かったので一瞬オオッと思いましたが、すぐにシュンと止まってしまい、最後は他馬と同じ脚色になってしまいました。芝の走りも悪くありませんが、個人的にはダートのほうがいいような気がします」(池添騎手)
「スタートは相変わらずですが、道中でガーッと行きたがるところをみせずに、ちゃんと折り合っていましたね。直線で内があまりにもガラッとあいたものですから、一瞬もしかしたら、もしかするんじゃないかと思ったのですが…。それでも勝ち馬から時計ひとつ負けていませんし、この馬なりに頑張って走ってくれていると思います」(森調教師)
◆番組上、なかなか使いたいレースに使うことができず、苦しい状況下での出走。ましてや久々の芝、重賞メンバー、テン乗りという条件を考えれば、“出遅れて2着とコンマ5秒差”は決して悪い内容ではなく、本馬も現状における力を出し切り、頑張って走ってくれていると思われます。なお、師は「ここにきて性格のキツさが一段と増してきている」点を危惧。今後については、あくまでもレース後の状態を確認しながら考えていく方針となっています。(HTC)続きを読む
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。