2008年06月03日

むぅ・・・無駄な一戦に

クールドリオン【5月31日更新】
 好スタートから、前半は掛かり気味に2〜3番手の位置。直線に向き、そのまま流れ込みを図ったものの、残り300mより徐々に脚色があやしくなり、結果7着での入線となっています。
「『前々の競馬をするように』との指示を受けて2番手につけていきましたが、馬がさらに行こうとしてしまって…。抑えようにも頭が高くなり、折り合いを欠く感じになった分、終いの脚をなくす恰好になってしまいました。それに今日のような不良馬場もこの馬には合いませんでした」(鷹野騎手)
「確かに道悪は得意でないものの、ここまで馬場が悪くなると、どの馬も条件は同じ。不良馬場の前残りを狙って皆が急ぐ中、2番手につけられたこと自体はよかったのですが、そこからさらに行きたがってしまったのは余計でしたね。あれ以上馬を抑え込んでしまうと完全に喧嘩する形になってしまいますから、仕方のない面もあるでしょう。馬体重は+4kgでも、本馬の骨格を考えれば、まだまだ欲しいところ。それに行きたがる面を出した次の競馬が怖いので、この後は一息入れて休養を挟んであげたいと考えます」(二ノ宮調教師)
◆不向きな道悪、掛かり気味の競馬、そして降雨により神経が過敏になっていたのかテンションもやや高め。今日は本馬の良さを活かしきることができませんでした。まだまだ成長の余地がある馬ですし、馬体をもうひと回り大きくしたい意向もあるため、このあとは牧場で笹針を打ち、少し早めの夏休みを与えてあげる方向で調整中です。下半期はさらに大人びた姿でターフに戻ってきてくれることを期待しましょう。(HTC)

結局長期のお休みに入るなら2週前に使って休ませてれば・・・
好発・先行できたことだけは収穫ですね。
馬体減らして厩舎で調整苦慮するのはどうなんでしょう。
最近笹針使う厩舎少なくなりましたが、二ノ宮先生は結構笹針行うようですね。
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | クールドリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99040535

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。