2010年05月31日

つまんないの

競馬の祭典日本ダービーが終わりました。

史上最高メンバーとか持ち上げられてて??なうえに
シャンティが消えてさらに???
馬券すら買いませんでした。
一言で言うと興ざめしたダービーでした。個人的に。
レース自体もどスローで瞬発力勝負。
勝った内田と2着だった後藤だけがほめられる内容でほかの馬は
勝つことを放棄したような内容。
Cコースで内外の馬場差がなくなってる状態の
どすローでは内でしっかり立ち回った馬にはかないません。

マスコミ・各紙が過度に煽っただけだったような。
そういうのはしらけますね。

ペルーサはせっかく本番をイメージして青葉賞つかってるのに
入れ込みも含めて本番で何一つ活かせないですな。
これが青葉賞とダービーのレースの質の違いで
これから先青葉賞経由の馬はやっぱり勝てないんでしょうな。
コース・距離経験は3歳の頂点に立つためには最重要ではない
ということでしょう。
世代限定であれば距離はいくらでもごまかしが効くし
ダービーだからこそ動けない馬もいる。
そこがダービーの特異なところで
そこにつながるのは
皐月賞であり、NHKマイルカップなのでしょう。
青葉賞にこだわる限り藤沢和雄にダービートレーナーの称号は
絶対に手に入らないと確信しました。
そういう意味ではバブルガムフェローが一番
ダービーに近かったはずだよなぁ・・・

なんでジョーカーも距離は不安ですが皐月かマイルCから行きましょうね。

posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「世紀の一戦」とか「歴史的**」とかを乱発するのは
辞めて欲しいですよね。

滅多にないから歴史的なのであって、年に何度も口にしたら
安っぽくて仕方有りません。

まあでも、あんなペースの競馬にならなければ少なくとも
「良いダービー」にはなっただろうに……。
サンデーが消えて、しょっぱい競馬が少なくなっていただけに
非常にがっかりでした。
今年の府中のG1はここまで好勝負続きでしたからね〜。
祭典が一番、凡戦というのはもの悲しい。
Posted by きりた at 2010年05月31日 17:45
私は2万ばかり買いました。
たいしたことのない馬ばかりだからこそ
箸にも棒にもかからない、絶対来ないだろ!って面子が消し易く
それなりに絞り易いですからねw
トップクラスの今年の内容がアレで、さらに印が回らない馬じゃ
絶対に来ないですもん。
三冠馬の時の東京優駿とは逆の意味で消せる馬が多いレースだったと思います。

印がそれなりに並ぶ馬が6頭ぐらいで、それをBOXにすると
あまりにも買い目が多くなるので削ったら
削った馬に挟まれましたが…

新聞が今年の面子が強豪ぞろい≠ニ煽るのは
中心になる明らかに強い馬が居ない時。
昔からのお約束ですよ〜
Posted by 翁 at 2010年05月31日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。