2010年05月03日

よっぽどいやな思いをさせたんだろう

【4月29日】
アルシラート【4月29日更新】

 5月2日(日)東京10R 立夏S(1600万下・ダ1400m)に投票しましたが、出馬ラッシュのため、除外となりました。
「先週の日曜日は何とか坂路に入ってくれたため、追い切ることができましたが、今週は厩舎近くの角馬場までが精一杯。そこから坂路やコースに向かおうとすると、馬のほうが警戒してしまって、まったく動かなくなってしまうんですよ…」(今井助手)
「満足いく調教を積むことができない苦しい状況が続きます。本来であれば、もっとレースを選り好みしたいのですが、出走まで間隔が開けば開くほど、調教不足でレースを迎える恰好になってしまいますから…。現状では角馬場とプール中心でデキを維持しながら、出走を重ねることにより追い切り代わりとし、その中でうまくハマってくれるレースを待つほかありません。来週5月8日(土)京都9R 高瀬川S(1600万下・ダ1400m)にむかいます」(日高助手)

せっかくの除外権も無駄遣い確定。
グローバル・GWでは創意工夫でこなせるのに
厩舎はすぐにお手上げなのか
よっぽどいやな思いをさせたのか・・・
森厩舎の馬ってこういうの多いですよね。
よっぽど馬と人との信頼関係ができてないのでしょうね。

月末の1200芝までGWに出してもどしてもいいと思うんですが
だめですか?
posted by ルドルフ2世 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148674330

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。