2010年04月27日

バブルガムCry死す

初期のSS産駒で好きだったバブルガムフェローが死亡してしまいました。
17歳で肺炎とのことです。2ヶ月近く闘病していたようで全然しりませんでした。
種牡馬としてはダート1700のイメージの馬ばかりで大成しなかったですが
朝日杯を楽勝した時には藤沢−岡部でダービー取るなと思いました。
岡部騎手もルドルフと比較するほど期待していましたよね。
スプリングSも楽勝してさあクラシックというところで骨折。

秋に毎日王冠からスタートして古馬相手に3着。
本番ではうしろでもがくサクラローレルを尻目にマヤノトップガンを抑えきって優勝。
エビショーの初G1に。
そしてJCでのまさかの大惨敗。
なぜかいつもタイキブリザードに岡部を持ってかれてましたねw
ちょうど思い入れの深い時期でした。
ありがとうバブルガムフェロー。

残された産駒からいいうまがでることを祈ってます。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 競馬一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
んー……悲しいですね。
サンデー系としては地味な方向にシフトしてしまいましたが、
その分タフで面白い産駒が多かったですし。

あの天皇賞は思い出深かったですね〜。
Posted by きりた at 2010年04月27日 20:15
はじめまして
バブル君は、賢そうな顔立ちが印象的な馬でしたよね。
あの綺麗な流星は、ちょっと帝王に似ていましたから、帝王ファンとしては、まったく血縁関係なくても、応援していた一頭でした。

三歳(当時は4歳)時での天皇賞制覇や、翌年のエアグルーヴとの一騎打ちは名勝負として語り続けられますね。
Posted by gincoro at 2010年04月29日 10:49
きりたさん
あのときの青島の
内からバブル外からマヤノ
内からバブル外からマヤノ
バブルだバブルだバブルガムフェロ4歳馬〜
って実況が耳に残ってます。
好きでした。

gincoroさん
岡部さんの入れ込み方といい、バランスの取れたからだといい
きれいな流星で3歳時からオーラがありました。
私もルドルフーテイオーラインに通ずる何かを感じていたのは確かです。
エアグルーヴには後塵を拝し続けましたが
レディファーストな紳士だったのでしょうw
Posted by ルドルフ2世 at 2010年04月29日 14:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147974170

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。