2010年03月19日

相変わらず詳細に。

ピースエンブレム【2月18日更新】

18日は軽めの調整を行いました。「水曜日に見に行ってきて、いい報告ができるなと思いながら午後に美浦トレセンへ戻ってきました。美浦と違って、厩舎のすぐ近くに馬場があるので、その環境に慣れていない馬は精神的に参ってしまうことがあります。そうならなければいいなと心配していましたが、移動初日の様子がすごく良かったので、これならスムーズに進めていけるだろうと思っていました。2日目以降に少しソワソワしていたのですが、一緒に滞在しているプロヴィナージュがいるので安心しているようです。プロヴィナージュとピースは美浦でも隣の馬房にいることが多いので、精神的にリラックスできているのでしょう。今週から時計を出すつもりはなかったのですが、状態が悪くないので、時計を気にせず単走でサラッと坂路を登りました。背中、腰を鍛えるのがいちばんの目的で連れてきましたが、さっそく効果が見られます。美浦の坂路では最後までしっかりとした脚取りで登り切るのですが、栗東の坂路はタフなので、最後は脚が上がりかけていました。跨った助手も『まだ後ろの力が足りないのを実感できる』と言っていました。ハードなトレーニングで苦しくなってくる可能性はありますが、時間をかけていけばワンランク上の走りができるようになると思います。次の阪神開催中に競馬へ向かいたいと考えていますが、今は急かすことなく馬の状態をよく見ながら調教を進めて、その先にレースを決めていければと考えています」(小島茂師)

相変わらず詳細です。馬房のならびにまで言及してくれますから。
成果がでてかんじられるのはすごいですね。
がんばってもうワンランクアップしてもらいましょう!
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ピースエンブレム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。