2010年03月10日

どうでしょうか

アルシラート【3月9日更新】

 グローバル在厩。おもにウォーキングマシン40分、角馬場調整の後、週5回、坂路にてハロン18〜20秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。
「集団での坂路入りに切り替えての調整。さすがに先頭とはいかないものの、終いから追走する分にはゴネることもなく、コースに向いたら自分からゆっくりとスピードを上げて登坂できるようになっていますよ。今朝は試験的にラストを15秒台で乗りましたが、こういった気性の馬ですので、もちろん余裕の動き。去勢もしくはリフレッシュ効果が表れていると言ってもよいでしょう。この調子で少しずつピッチを上げ、本格調教につなげていきたいと思います」(後藤場長)

脚元に心配のあるうまではないですから
あとは気性面と鍛錬なんですけどね。
ダノンムローは一貫した使い方でOPまでいけそうです。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルシラート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143234390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。