2010年02月28日

5着にはちょっとショック

ピースエンブレム 【2月27日更新】

27日の中山競馬では中団を進み、徐々に前との差を詰めようとするが、勝負どころでややモタつく面もあり5着。
「4コーナーまではいい感じでしたが、勝負どころでモタモタしてしまいましたね。
外に出そうと思ったけど、やや右に行くところがあったので内を通ろうとしましたが、
一瞬の脚が使えなかった分、前が狭くなり、前が開くのを待ってから追い出す形になりました。
最後までしっかり走れていたので、スムーズな競馬ができていれば、また違ったと思います。
少し器用さに欠けるところがあるし、2勝目を挙げたときがほんとうに強かったから、
中山のような小回りよりは広いコースでのびのびと走れる東京のほうが良さそうですね。
まだ全体的に緩さが目立ち、前と後のバランスがかみ合っていないので能力を出しきれていませんが、素質は高い馬です。これからも大事に、そして、しっかりと育てていけば大きい仕事をしてくれそうですよ。
ぜひ、また乗りたいです」(蛯名騎手)
「思っていたより体が増えていましたが、見た目は決して太くなかったと思います。
初戦から勝ちたかったけど、今日に関して言えば、順調に使えていたかどうかの差でしょう。
いいメンバーを相手に差のない競馬ができているし、力はあります。
久々の影響がいちばんだろうけど、速い馬場より力を要する馬場のほうがいいでしょう。
気持ちの面で成長が見られましたし、決して悲観的になる内容ではありませんでした。
ジョッキーも言っていましたが、まだ体は緩く、良くなる余地がある馬です。
いろいろ考えながら、しっかり育てていきたいですね。
道悪馬場を走ったあとなので、多少なりとも脚元に負担がかかったと思いますので、
レース後の状態をしっかり見て今後続戦するか放牧に出すか決めます」(小島茂師)
復帰戦からいい結果を出すことはできませんでしたが、今回は約5ヶ月半ぶりの出走でしたし、
心身ともに成長を感じることができた一戦でした。決して悲観する内容ではなかったと思います。
次走は一度使った分の上積みを期待できますし、楽しみです。
悪さをしているわけではありませんが、左前脚に骨りゅうがありますし、
しっかりとレース後の状態を確認してから今後の方針を決めていきたいと思います。

実は口取りに当たっていたのでスーツで競馬場に向かいました。
やっぱこれがいけなかったのかなぁ・・・
ピースの口取りは以降やめときますTT

馬体重はそんなに重くは感じませんでした。
少し体高も大きくなった気がします。

それにしても3・4コーナーで蛯名騎手の手が動いているのに動けない感じは
もどかしいです。
小島先生はブログで反応がよくなってきたといっていましたがそれはレースでは
出ていませんでしたね。
まだゆるいところをよく指摘されるので完成までもうちょっとかかりますでしょうか。
まぁ中身もまだ100ではないでしょうから。
きちんとケアしてもらってまたがんばってもらいます。
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ピースエンブレム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。