2010年02月10日

角田引退

 日本中央競馬会(JRA)は10日、2010年度の新規騎手・調教師免許試験の合格者15人
(騎手6人、調教師9人)を発表し、調教師では2001年の日本ダービーをジャングルポケットで制するなどG1・10勝を挙げている角田晃一騎手らが合格した。

 合格者は次の通り。

 ▽調教師 菊沢隆徳、新開幸一、高野友和、高柳瑞樹、田中剛、千田輝彦、角田晃一、日吉正和、牧田和弥

角田騎手引退かぁ・・・
調教師試験うけてたんだ。
数かつ騎手じゃなかったけど
若い頃から牝馬重賞とったり
G1とったりして活躍してたんだけどねぇ。
なんか営業がヘタで乗鞍がないって話もきいてましたが
こんなに早く引退するとは。

今年40歳(70年生)。定年まで30年ある。
どんな馬作りするのか楽しみですね。

ヌエボトウショウやシスタートウショウ
ノースフライトにヒシアケボノ
フジキセキにジャングルポケット、ヒシミラクル
ヒシナタリー。
ビワハイジも乗ってましたね。
関西でトウショウ・ヒシといえば角田のイメージが。

ジャングルポケットの新馬札幌3歳を勝った千田調教助手(69年生まれ)も取得ですか。
関東の菊沢も70年。
一足先に騎手引退してた牧田くんも72年生。
最近調教師の若年化が拍車に拍車がかかってますね。
そのうち調教師定年65歳とかにしないと飽和してしまいそうです。

posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140737015

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。