2010年01月16日

小島先生

ピースエンブレム【1月13、14日更新】

13日
周回で軽めのキャンター調整を行い、週2回は坂路で15−15を行っています。「15−15の調教を開始した後、大きな不安を見せることなく順調に乗ることができています。蹄の裂蹄部分は完全になくなったわけではありませんが、悪くなることはありませんし、この後もしっかりケアしながら乗り込んでいきます。火曜日に小島茂之調教師が来場し、状態を確認してきましたが、春の中山開催での復帰を目標にしていきましょうという話をしました」(山元担当者)
14日
「先日見てきました。蹄はまだ欠けた部分こそありますが、気をつけながら乗ってもらえれば問題なさそうです。見に行く前はもう少し時間がかかるのかもしれないなと思っていましたが、速いところを順調にこなせていて、だいぶ乗り込み量が増えてきています。今のいい流れのまま進めることができれば東京開催中にトレセンへ帰厩し、2回中山開催あたりでの復帰が可能になりそうです」(小島茂師)

ということで小島シゲ先生が見に来て現状確認と3月後半から4月での復帰が見えてきました。
楽しみですね。
最近のキャロットの更新は早くていいですね。
以前はサウスニアがそのあたりは抜けてましたが
他社の企業努力で追い抜かれましたね。
むしろ広尾になって移動しても更新されなかったり退化してますな。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ピースエンブレム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。