2010年01月13日

ショックウェープ

ファストロック【1月12日更新】

 クリスモルステーブル在厩。ここまでは、軽いキャンターを継続。明日、ショックウェーブ治療を行うため、以降2〜3日は運動のみの調整を予定しています。
「太めを動かし始めてからの最初のヤマ。爪や球節などに反動はないものの、ここにきて右肩と左肘に疲れが生じ捌きが硬くなってきましたので、獣医師に相談し、二度ほどショックウェーブ放射を行ったうえで、切り抜けていくことになりました。クオリティの高さが伝わってくる馬であり、師からは『焦って仕上げ急がないように注意するように』言われています。軌道に乗ってくるまでの間は、とにかく慎重に進めさせてもらいます」(モル担当)

早めに対処してくれれば問題ないでしょう。
軌道にのせてください。
posted by ルドルフ2世 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファストロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。