2009年08月26日

絶望と終焉

プリマティスタ

本日、終わりました。
全てが・・・

26日に右前脚の膝裏部分に腫れと熱感がみられました。
残念ながら屈腱炎を発症していることが判明しました
検査した結果、腱にダメージ(29%)を負っていることがわかりました。
27日に中央競馬登録を抹消することになりました。

全てがおわりました。
別に山元にいたら故障しなかったとおもってるわけではありません。
でもこの帰厩の時期が意味不明だったことも事実。

18日の時点で
「帰厩についてはまだはっきりと決まっていませんが、
調教師とも相談して徐々に詰めていければと考えています」
が21日に帰厩。
この辺の意思の疎通の悪さが輸送・環境の変化とあいまって
最悪の結果につながってしまったように思えます。
山元で発症したのなら、「この程度で発症したら脚元が・・・」
って思えましたが帰厩を焦って故障したイメージが拭えません。
【引退:プリマティスタ(オリンピッククラブ乗馬)の最新記事】
この記事へのコメント
残念ですね……
お気持ちお察しいたします。

ホント、競馬(競走馬)というのは難しいですね。
どんなに万難配しても事故は起きますが、
せめて、誰もが「仕方なかった」と思えるくらい
しっかりケアして欲しいですね。
Posted by きりた at 2009年08月26日 22:17
別にカズーようにいきなり
すんごい時計を出したわけでも
ないんですけどね・・・
それでも
この時期に帰厩ってのが
全然プランとして見えなくて意味がわからなくて・・・
まさか本気で菊に出そうと思っていたようにも
思えないし・・・
だったらなんでこの時期に?って
ここまで待ってたのにあと2三週間が
なんで待てなかったのかとか
いろんなこと考えちゃいます・・・

結果以降2度と勝利を見られなかったとしても
もっと長く愛馬として
応援したかったです・・・・・・・・・・・
Posted by ルドルフ2世 at 2009年08月27日 10:48
そろそろ衝撃から立ち直りつつあるのではと思いお伺いしました。
思い入れの強い愛馬の引退・・・
シト_2006はまだそういった経験が無いので、何とも難しいのですが
現状の愛馬やまだ見ぬ愛馬に頑張ってもらいたいですね。
Posted by シト_2006 at 2009年09月18日 04:55
お気づかいいただきありがとうございます。
本日プリマティスタの受け入れ先を
知ることができて少し安堵しました。
プリマ以外にも
アルシの相変わらずの迷走
ピースのダート敗戦と芝惨敗
などなど滅入ることばかりでw

ピースが勝ってくれてればその話題もあるのですがw
ポトリは一回引き落としが落ちなかったことがあるので
無理っぽいし
Posted by ルドルフ2世 at 2009年09月18日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126550518

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。