2009年07月30日

今更そんなこと言っても

タイタニックブロー【7月29日更新】

 まずまずのスタートから、前半は好位5〜6番手の外を追走も、直線にむいて余力がなくなり後退。結果13着での入線となっています。
レース前になってイレ込みがひどくなり、競馬どころではない状態に。
それでも前半は格好をつけてくれましたが、直線に入ってからはもうお釣りがありませんでした。
残念ですが、今日は全く競馬をさせてもらえなかった感じです」(藤田騎手)
「パドックまでは落ち着いていましたが、ゲート裏に行ってから急にうるさくなり、その後はイレ込んでイレ込んで…。
ゲートでもギリギリまで付き添っていたものの、離れた途端に暴れ出し、スタートももうひとつ。
鞍上が言うように、前半はそれなりに競馬ができていても、直線に入ってからが全くでした。
稽古の800mであれば、このテンションでもごまかしがきくのかもしれませんが
実戦ともなるともう少し落ち着きが出てくれない厳しいですね。
このあとはグローバルに直行し、まずはリフレッシュを図ります」(清永助手)
◆どうもゲート周りでテンションを上げてしまうようで、今回もレースを前にして平常心を欠いてしまい、
本番ではすでに余力のない状態に。
もう少し落ち着いてレースに臨み、道中で軽く息が入るぐらいのレースぶりが理想なのですが、
悔しいかな、なかなか思うようにはいかない状況が続きます。
なお、今後については、まずグローバルで精神面のリフレッシュを図り、
適度なレース間隔を取って札幌競馬へ。矛先を芝に向け、
「9月5日(土)札幌4R 3歳未勝利(芝1200m)あたりを意識していく」(調教師)
ことで検討中です。(HTC)
赤字に対して
それ前前走の時と全くおなじですがなんか対策してくれましたでしょうか?

緑字に対して
坂路の一番時計出すのはやばい気性を放置してぶっぱなした結果だったんですか?

両方に対して
そんな馬に対して長距離当日輸送を繰り返しまくるのは
良いことだったのですか?
【沈没:タイタニックブローの最新記事】
posted by ルドルフ2世 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 沈没:タイタニックブロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。