2008年09月29日

第2回ジョッキーマスターズ&オグリ来府中

11月9日にアジア競馬会議があるのにあわせて
ジョッキーマスターズとオグリの展示がおこなわれることになったようです。
ジョッキーマスターズは

佐々木竹見
岡部幸雄  シンボリルドルフ オグリキャップ タイキシャトル
南井克巳  オグリキャップ ナリタブライアン サイレンススズカ
安田隆行  トウカイテイオー 
マイケルロバーツ ランド アドマイヤコジーン
河内洋   アグネスタキオン・フライト カツラノハイセイコ オグリキャップ
オサリバン ホーリックス
松永幹夫 ファビュラスラフイン ヘヴンリーロマンス

オグリをめぐるJRA騎手が勢ぞろい
(現役のアンカツ、豊、鬼籍のジュンペー、定年のまっさんはさすがに除く)

前回も岡部に勝って欲しかったのですが河内に勝たれてしまいました。
ちょっと準備期間が少ないから岡部の体力が戻ってるか不安です。
どんなレースがみれるか楽しみだ。
オグリはよく23歳で東京まで輸送する気になったものです。
あれだけ熱狂的な応援を受けた馬はオグリとハイセイコーだけでしょう。
オグリは自分の声援を力に換えて走ってくれたように思える
感情移入しやすい馬だったと思います。

ルドルフは余生を千葉シンボリで牧場で送る予定だったのですが
両前の屈腱炎と環境の変化に対応できないかもしれないため
門別から移動できなかったんですから。
千葉なら気軽にあいに行けたんですがね。
来年はルドルフに再び会いに行きたいなぁ・・・
posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107332244

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。