2008年09月09日

コンプリートラン・メイクデュース

今週はグランデゴールとヤクモアクティヴの抹消と入れ替わるように
中央に復帰したコンプリートランが最後に一頭残った中央シンボリルドルフ産駒として出走しました。
結果は1.7差の11着。
今回初めて所属した高木師は「ゲートと二の足が抜群に速い」
との評価でしたが発馬はよかったのですが周囲のスピードには劣り
3角7番手4角にかけて内目から上がっていくも残り200を前にパッタリ。

小倉2歳Sに出走したトウカイテイオー産駒メイクデュースは前走のよさがまったく見られず
追走で一杯になって直線馬群に飲まれました。
騎手も前走ほど手ごたえがなかったって言ってるので
状態が万全ではなかったのでしょうか?それとも気性面?

土曜日は小倉10Rのマンテンハット。
12番人気にしめしめと三連複で流しましたが6着。
いつも騎手が地味なので人気にはなりませんが馬券的に狙える馬ですので
覚えておいて損はないと思います。
過去最高人気が新馬戦の4番人気ですから。
でも1600以上はビタ一文いりません。


posted by ルドルフ2世 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 皇帝−帝王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。